2017年10月に読んだ本

11月になりました。
日本は3連休ですね。

10月の読書memoです。
10月に読んだのは3冊だけ…
少なすぎますね!


azumyの本棚 - 2017年10月 (3作品)
powered by Booklog


今月の3冊はすべて☆☆☆3つの評価です。

【雪煙チェイス】 東野圭吾著

【白銀ジャック】【疾風ロンド】に続く、スキー場を舞台にしたシリーズの第3弾。
前2作も読んでいます。
東野さんのミステリーの中では軽くて、さらさら~っと読めます。
ということは…、ちょっと物足りない?

【あなたは、誰かの大切な人】 原田マハ著

日本で買ってきた本の中から、さっそく1冊読みました。
原田マハさんも大好きな作家さんの一人。

6人の女性を主人公にした短編集。
年齢も職業も背負っているものもちがう彼女たちに共通なこと。
”一生懸命に生きている”ということ。
困難な状況になったとき、見えてくる”大切なこと”、”大切な人”

解説の中にあったことば。
<自分は、自分の大切な人>
納得!!!

6編のうち、一番好きなのは『波打ち際の二人』
ハグとナガラの物語。
【星がひとつほしいとの祈り】【さいはての彼女】にも登場するあの二人です。

【おまえじゃなきゃだめなんだ】 角田光代著

角田さんの本は久々に読みました。

短編というか、ショートショートというか、とても短い。
その短い中に、ぎゅっと詰まってるという感じ?
楽しみました。


読みたい本がスタンバイ中なので、11月はもう少し読めるかな?








[PR]
# by azu-azumy | 2017-11-03 19:27 | 読書 | Trackback | Comments(1)

2017年9月に読んだ本

昨日から写真がUPできません。
時々、こういうことがあるのですが…
なぜだろう???

今日も試みてみましたが、やっぱりダメでした。

明日で10月も終わり。
月末恒例の読書メモをUPしようと思ったら、9月に読んだ本をUPしていませんでした。
長らくブログをさぼっていましたからね…(汗)
というわけで、今日は2017年9月に読んだ本です。
9月に読んだ本は7冊。
まずはラインナップ。



azumyの本棚 - 2017年09月 (7作品)
明日の子供たち
明日の子供たち
有川浩
読了日:09月24日
評価5

powered by Booklog


今月の身勝手評価。
☆☆☆☆☆5つをつけたのは2冊。

【あきない世傳金と銀<4> 貫流篇】 高田郁著

ブログでもUPすみですね。
レビューはこちら → 

【明日の子供たち】 有川浩著

有川さんの本は久しぶりに読みました。
1年ぶりくらいかな?
有川さんも大好きな作家さんのひとり。

元営業マンの三田村慎平は児童養護施設「あしたの家」に転職。
情熱にあふれる慎平。
愛想はないが子供たちへの思いは強い和泉和恵。
理論派のベテラン猪俣吉行。
そして子供たち。

ここで暮らす子供たちにとって、養護施設とは何なのか…?
義務教育を終えたら、高校に進学しない限り、施設を出なければならない。
高校に進学してもその先は…
大学に進学することは経済的にも、とても難しいこと。

子供たちに寄り添う職員、そして子供たち。
みんな悩んでいる。
そんな厳しい状況の置かれていても、みんな前に進んでいく。

とても良い本に出合いました。

☆☆☆3つをつけたのは

【嫌われる勇気 ー自己啓発の源流「アドラー」の教え】 岸見一郎著

130万部突破のベストセラー。
ようやく手にしました。

アドラー?????
まったく知らなかった。

「すべての悩みは、対人関係の悩みである」
「人はいまこの瞬間から変われるし、幸福になることができる」
「問題は能力ではなく、勇気なのだ」

人を傷つけないように、嫌われないように。
私自身、そのことに心を砕いてきました。

ここに書かれているように、「そのような人は、たしかにまわりからの受けはよく、彼(彼女)を嫌う人は少ないかもしれませんが、その代わり、自分の人生を生きることができないことになるのです」

心に響く~!
納得です。

私の言葉で相手がどう思うか…
それを考えるのは私の課題ではない。
どう思うかは相手の課題。
そう言われると、とても楽になる。

「他者はあなたの期待を満たすために生きているのではない」

勇気をもらえる本でした。

【晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)】 大崎梢著

成風堂書店シリーズ第2弾。
駅ビルにある成風堂。
そこで働く木下杏子、アルバイトの西巻多絵。
杏子のもとに元同僚が務める老舗書店が巻き込まれた事件解決依頼の手紙が届く。
杏子と、多絵は事件の謎を解くため長野へ向かう。

大崎梢さん自身、元書店員。
書店員ならではの視点が面白い!

【ターンオーバー】 堂場舜一著

堂場舜一さんのスポーツ小説。
高校野球、アメフト、やり投げ、マラソン、ラグビー、プロ野球。
7編の短編集。
堂場舜一さんのスポーツ長編はとても面白い!
短編はちょっと物足りなかったかな…

【ランチタイムは死神と】 柴田よしき著

柴田よしきさんの本は3冊目。

わたしは死神。人が死ぬ時に魂を死後の世界、黄泉の国へと連れて行くのが仕事です。今、わたしがここにいるのは、あなたか、あなたのそばにいる誰かが、もうじき死ぬからなんですよ…。憧れの男性の婚約者が死ぬという妄想に囚われてしまったOL多美。窓際族の総務部主任島野に悩みを打ち明けると、存在感の薄い中年男は、奇妙なことを言い出した―。感涙の不思議ミステリー。 (BOOK データベースより)

☆☆2つをつけたのは1冊。

【考えない練習】 小池龍之介著

ついつい考え込んでしまう性格。
いったんギアが入ると、なかなかニュートラルにできない。
あ~ぁ、疲れる!
と、自分でも思うことが(笑)

「考えない」ことが練習でできるの?
なんて気力的な!!
思わず手に取った本です。

が…
”考えない”ためには五感をとぎすませなければならず…
”考えない”ために、”考えなければならない”?

思っていたのと違う(勝手なこと言ってごめんなさい!)
正直な感想です。



[PR]
# by azu-azumy | 2017-10-30 17:51 | 読書 | Trackback | Comments(2)

本・本・本!

a0114521_13064540.jpg

大阪に一時帰国中。
本屋さんに行ってきました~!

梅田で紀伊国屋さんに2回。
新大阪の本屋さんに2回。
もう、幸せ~♪

それでも、他の買い物の合間なので、たっぷり時間はとれなかったけど…

いつもはインターネットで購入した本を持ち帰ります。
読みたい本ではあるのですが、やっぱり楽しみは半減。

平台や棚をじっくり見て、本を選ぶ!
なんて楽しいんでしょ~♪

今回は何の下調べもなく、本屋さんへ行きました。
まずは平台から。

さっそく見つけたのが、大好きな原田マハさんの【あなたは、誰かの大切な人】
この本は知っていましたし、読みたいと思っていたので、即購入。

次に見つけたのが【東京すみっこごはん】シリーズの第2弾、第3弾。
第1弾の【東京すみっこごはん】は☆5つをつけたお気に入り。
第2弾を読みたい!と思っていたら、第3弾まで発刊されていました。
というわけで、第2弾、第3弾を購入。

平台にあった【金曜日の本屋さん 秋とポタージュ】
金曜日の本屋さん?
そのタイトルに惹かれ、手に取りました。
そしたらこの本、シリーズ化されていて、これは第3弾。
少し読んでみると、私好み。
これはもう第1弾から読まなければ!と棚を探してみたら、1冊だけありました!
というわけで、第1弾の【金曜日の本屋さん】を購入。

加納朋子さんも好きな作家さん。
新刊の【ささらさや】
帯に書かれた”亡き夫がゴーストとなって事件を解決!?”が気になって手に取りました。

はらだみずきさんの本はまだ2冊しか読んだことがありません。
装丁がとてもきれいで、なんだかホッとしそうな予感があり、購入。

帯に『エキナカ書店大賞1位』と書かれた本。
まったく知らなかったし、作家の阿川大樹さんも知らない(ごめんなさい!)
【終電の神様】なんて良い感じのタイトルじゃないですか?
これは読んでみたい!

合計7冊の文庫本を買ってきました。
【金曜日の本屋さん】と【終電の神様】は本屋さんに足を運ばなければ出会わなかったかも。

もっともっと買いたい本はあったけれど、本は重い!
残念!

読みたい本が手元にあると、テンションがあがります!!
読むのが楽しみです。



[PR]
# by azu-azumy | 2017-10-28 13:28 | 読書 | Trackback | Comments(2)

横須賀海軍カレー

大阪で買い物をしていた時の事。
「レトルトカレーを買いたい」という私に弟がすすめてくれたのがこのカレー。


a0114521_15450459.jpg

【よこすか海軍カレー】

日本にいる頃は、レトルトカレーはごくたまに食べるくらい。
それほど、食べたいと思うことはなかったかな…

バンコクでは手に入るレトルトカレーと言えば、「ボンカレー」「ククレカレー」等、数種類。
日本円にすると、1個あたり300円くらいになる。

”ない”と思うと、無性に食べたくなるから不思議(笑)


a0114521_15372233.jpg

『横須賀海軍カレー』って有名なんですね!
知らなかった…

よこすか海軍カレーとは、厳密には日本海軍の軍隊食のレシピ「海軍割烹術参考書」の教えを守ったカレーライスのこと。
小麦粉と牛脂を炒った手作りルーを使った昔懐かしのカレー。
肉は牛か鶏。
栄養バランスを考えて牛乳とサラダがつくのが海軍カレー流。

なるほど!
そうだったのか~!!


a0114521_15355488.jpg

休日の昨日。
外へ出ることもなく、自宅で過ごしていたので、さっそくいただいてみる。

横須賀には『横須賀海軍カレー』がいただけるお店がたくさんあるのですね!?
そして、レトルトカレーも!

私たちがいただいたのは「ヤチヨ」さんの【よこすか海軍カレー】
大きめにカットされたじゃがいもと、人参。
そして牛肉。

カレールーは辛いものが苦手な私には、甘みと酸味がGOOD!
辛さがマイルドに感じられる。
美味しい!!

ちょっと、はまりそう~。
他社の『横須賀海軍カレー』も食べてみたい!!



[PR]
# by azu-azumy | 2017-10-27 15:58 | お買い物 | Trackback | Comments(0)

今日は…

1年前に亡くなられたプミポン前タイ国王の葬儀が、首都バンコクで25日から5日間にわたって執り行われます。
そして、今日は火葬式です。
日本からは秋篠宮ご夫妻が参列されるのですね。

プミポン前国王の在位期間は70年。
全国民が敬愛する国王。
タイに暮らす外国人の私ですら、そのことをひしひしと感じていました。

タイではプミポン前国王時代に11回のクーデターが起きています。
それでもこの国が現在のような発展を続けているのは、プミポン国王の功績です。

タイのテレビは各局、葬儀の様子を放映しています。
商業施設、レストラン等はほとんどが休業。
エンポリやコンビニも午後2~3時以降、休業です。





[PR]
# by azu-azumy | 2017-10-26 10:02 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy