【戸村飯店青春100連発】と…

戸村飯店青春100連発


瀬尾まいこさんの【戸村飯店青春100連発】を読みました。
大阪下町の中華料理店『戸村飯店』の兄弟、ヘイスケとコウスケの物語。
住之江なんて地名が出てきて、嬉しくなってしまいました。

全編にわたって大阪弁満載。
吉本新喜劇の懐かしのギャグも~♪

今読んでいる万城目学さんのエッセーに「大阪弁はひらがなが多くて文字にするとわかりづらい」とあるのですが、ほんとだ!と思いました。
小説ではたまにセリフで大阪弁が入っていることはあっても、こんなに大阪弁をひらがなで羅列されているのは少ないかも…
普段しゃべっている大阪弁はひらがなで文字にするとわかりにくいんだと新たな発見!

吉本新喜劇の桑原和夫さんが演じる桑原和子のキャラ。
子ども時代には誰もが真似をしたはず。
そういう私も「ごめんください。どなたですか?となりの(これは色んなバージョンあり)○○です。お入りください。ありがとう。」ってやってましたから~。

土曜日のお昼。
学校から帰るとTVから吉本新喜劇のテーマが流れて来て、胸をわくわくさせたのを思い出しました。
そのテーマがコチラ
(YouTubeの画像を貼り付けようとしたのですが無効になってました。)
勝手に「吉本新喜劇のテーマ」なんて言ってますが、正確には「Somebody Stole My Gal」を吉本新喜劇がテーマに使っているのですよね。

吉本新喜劇のテーマを検索していたら、こんなものも発見!
やっぱ大阪はええなぁ~(笑)。





ぽちっと応援していただけるとうれしいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://azumystyle.exblog.jp/tb/15714803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by azu-azumy | 2012-07-07 13:23 | 読書 | Trackback | Comments(0)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy