2013年11月に読んだ本

あわわわわ=====!
いつの間にやら11月が終わろうとしています(汗)。

ブログの更新も怠っていたのですが、この時期になると毎年、ある記事にアクセスしてくださる方が多くて驚いています。
ある記事とは、4年も前のレース編みのオーナメントの記事です。
わが家のオーナメントは5年前に私が編んだものなのですが・・・
なんでだろう・・・、不思議です。

さて、11月最終日ですので、恒例(勝手に恒例と言ってます・・・)の今月読んだ本のご紹介です。
今月はバタバタしていることが多く、読んだ本は9冊です。

まずはラインナップから。


azumyの本棚 - 2013年11月 (9作品)
パラドックス13
東野圭吾
読了日:11月22日
評価3

爪と目
藤野可織
読了日:11月30日
評価2

powered by booklog


☆☆☆☆4つをつけたのは1冊。
【花の鎖】 湊かなえ著
雪月花。
この本に登場する3人の女性、美雪、紗月、梨花。
読み始めたときには3人は「点」として感じられました。
それが徐々に「線」となる。
そして「輪」となり深い「絆」で結ばれていることが分かり・・・
後半にかけてどんどんひきつけられていきました

☆☆☆3つをつけたのは4冊
【一瞬の風になれ 第一部 イチニツイテ】 佐藤多佳子著
高校の陸上部を舞台にした青春小説。
以前から読みたいと思っていた本です。
さらさら~っと、読めますが、第一部はまだ「イチニツイタ」ところなので、第二部、第三部と読み進めていくと爽やかな風を感じられるんだろうな~、そんな予感。
同じ陸上をテーマにした三浦しをんさんの【風が強く吹いている】
こちらは大学の駅伝部を舞台にしています。
【一瞬の風になれ」とは同じような風を感じます。
ちなみに【風が強く吹いている】は大好きな本で☆5つをつけています。

【さよならをするために】 唯川恵著
文庫化されたのは1995年。
「さよなら」をテーマにした5つの短編。
「さよなら」を言われても恋は終わらない。
自分で自分の恋に「さよなら」をさせなければ。
その「さよなら」にはいろんな形があるけれど・・・
共通していることは「さよなら」をすることで彼女たちが前に進んでいくこと。
それも前向きな気持ちで。
いくつになっても乙女心(厚かましい!)をくすぐる小説が好きでございます(笑)。

【ルーズヴェルト・ゲーム】 池井戸潤著
ルーズヴェルト・ゲームって何?と思いつつ読み始めたら、その謎はすぐに解けました。
アメリカ大統領のフランクリン・ ルーズヴェルトは野球好きで知られていたらしい。
その彼が一番面白いと言ったのが8対7の試合。
それをルーズヴェルトゲームと言う。
「青島製作所」と「野球部」はまさに8対7で9回裏を迎えたような状況にあった。
その状況で、青島製作所と野球部は・・・

【パラドックス13】 東野圭吾著
東野圭吾さんは大好きな作家さんのひとりですが・・・
この本はSF?
3月13日13時13分13秒に13秒、時間が跳躍するというP-13現象。
東野圭吾さんの本というだけで期待値が上がってしまうので、ちょっと残念でした。

☆2つをつけたのは4冊。
【プラナリア】 山本文緒著
山本文緒さんの文章は雑誌などでちょこちょこ読んだことがありますが、本としてちゃんと手にしたのは初めて。
第124回直木賞を受賞した作品で以前から読んでみたいと思っていた本。
が・・・
残念ながら私の好みではなかった・・・。

【さよなら、コタツ】 中島京子著
中島京子さんの本は2冊目。
最初に読んだのが第143回直木賞受賞作の【小さいおうち】。
実はこちらも☆2つの評価。
2冊づけて☆2つ。
相性が悪いのかなぁ・・・

【水曜の朝、午前三時】 蓮見圭一著
全くノーマークの本、作家さんですが、古本屋さんのPOPを見て購入。
が・・・
大阪万博のホステスをしていた直美と臼井のラブストーリーらしい・・・
らしいと言うのは私にとってこの話は単純にラブストーリーの範疇には入れられない。
この当時だからこそ、あきらめた恋なのかもしれない。
でも、現在の私にはちょっと理解できない。
2001年に刊行され、版を重ねている本ですが・・・

【爪と目】 藤野可織著
第149回芥川賞受賞作です。
最近、NHKに出演されているところを見ましたので、ちょっと読んでみました。
とても薄い本なのでさらさら~と読めますが・・・
爪と目はホラーなの?
良くわからない・・・


今月は☆4つをつけたのは1冊だけ、そして☆2つを付けたのが4冊もあって・・・
忙しさの中で気持ちもバタバタしていると、本との出会いにも影響するのかしら・・・
ふと、そんなことを感じてしまう11月の読書でした。

スタンバイ中の本だけどんどん増えています。
来月は素敵な本とたくさん出会えますように・・・
[PR]
トラックバックURL : http://azumystyle.exblog.jp/tb/19071920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by petit-panier at 2013-11-30 11:31
今月もたくさん読んでいらっしゃいますね~
私も以前は良く読んでいたのだけれど、近頃PCに向かう時間の方が多くて・・・
それでも絶対読みたい本やシリーズ物は購入するので何冊もたまってきました。

「一瞬の風になれ」私も好きですが、同じく三浦しをんの「風が強く吹いている」も大好きです!
Commented by HAMI×2♪ at 2013-11-30 13:25 x
『花の鎖』はテレビ化もされたの。
でも、やはり原作は違うわ。
『さよならコタツ』は私もガッカリした。(笑)
図書館で待ちに待った半沢直樹の第3弾の順番が回ってきたの。
楽しみ♪
Commented at 2013-11-30 23:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by azu-azumy at 2013-12-01 09:49
**petit-panierさん**
おはようございます!
TVで民法が見られない生活。
それが私の読書タイムを増やしてみます^^
petit-panierさんも「風が強く吹いている」が大好きなんですね~
うれしいな~(*^_^*)
Commented by azu-azumy at 2013-12-01 09:52
**HAMIさん**
おはよう~♪
「さよならコタツ」はやっぱり・・・?
私、中島京子さんの本はちょっと無理だわ~
おっ!半沢直樹の代3弾、順番が回ってきたのね!!
なんて、偶然なの~!!
実は私、古本屋さんで手に入れたのよ~
古本屋さんの本棚で見つけたときには速攻で手を延ばしてたわ。
すごいスピードだったと思うよ~(笑)
Commented by azu-azumy at 2013-12-01 09:58
**鍵コメさん**
おはようございます!
励みになるコメントありがとうございます♪
by azu-azumy | 2013-11-30 09:37 | 読書 | Trackback | Comments(6)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy
プロフィールを見る
画像一覧