バンコクで暮らすということ

普段は能天気この上ないバンコクでの私の暮らし。
自分のために使える時間がたっぷりある。
大袈裟ではなく、これまでの人生で一番時間があふれた生活をしている。
好きな時に好きなことが好きなだけできる暮らしは、とても贅沢でとても楽しい。

が・・・、それは平常時のこと。
来タイ以来、タイで起こっている出来事、例えばデモだったり、洪水だったり。
そんな時には外国で暮らしていること、ここが“自分の国”ではないことを改めてつきつけられる。
それはちょっとしんどいことではあるけれど、いつかは必ず解決すると言う希望がある。

バンコク暮らしでは、はがゆい思い、辛い思い、切ない思いをすることもある。
ここ数か月、そんな思いを繰り返ししている。

伯父が亡くなったと知らせが入った時にはお通夜にもお葬式にも間に合わなかった。
持病はあったけれど、それが原因ではなく、突然のことだった。

卒業してすぐの職場で出会った先輩。
普段は優しいけれど、仕事にはとても厳しく、叱ってくれる先輩だった。
お付き合いはずっと続き、私がバンコクに来てからは2~3年に一度会えるぐらいだった。
今年の5月に一時帰国した時には私の都合がつかず、「来年ね!」と約束していたのに・・・
その頃、既に体調は思わしくなかったらしい。
それでも私にはそんな素振りは全く見せず、元気に振舞われていたのでしょう。
先輩にとって私は、最後まで手のかかる後輩で、私にとって先輩は最後まで強くて優しかった。
知らせが届いたときには、5月に会いにいかなかったことをただた後悔し・・・、涙があふれるだけだった。

そして、先週のこと。
中学3年のクラスメイトだったY君が急逝したとの知らせが届いた。
このクラスはとても仲が良く、現在も同窓会を続けている。
卒業以来、幹事は親友のK子、Y君とM君、そして私の4人。
中3のときから4人で遊んでいた私たちには、この「幹事」という大義名分のおかげで、4人共が結婚してからも会う(飲む?)機会が与えられていた。
私が来タイする直前の同窓会で会った時には仕事も順調で充実した生活をしていると話していたY君。
前回の同窓会は帰国することができなかったので、3人に全てを任せ、「次は絶対、一時帰国するから!」と言ったのに・・・
あと半年だったのに・・・、待っててはくれなかった・・・。


高校時代からの友人Rちゃん。
彼女が2年前に体調を崩した時、「会いたい人には会えるときに会いに行く!」と決めたと話してくれた。
「会いたい人には会えるときに会いに行く」
彼女から聞いたときにはまだピンとこなかった私だけれど、今はこの言葉が胸の奥深くでうずいている。
[PR]
トラックバックURL : http://azumystyle.exblog.jp/tb/19167451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HAMI×2♪ at 2013-12-17 12:29 x
海外赴任は楽しいことと大変なことが背中合わせなんだよね。
『そのうちに…』と思っていても悔いが残ることもわかるわ。
林先生の 言葉通り。
『いつやるか?今でしょう‼︎』
なんとか生を受けてこの年までたどり着きました。
悔いなく歩いて行きましょう♪
Commented by azu-azumy at 2013-12-17 19:08
**HAMIさん**
コメントありがとう!
心にしみました。
ほんとに・・・
普段、お気楽に過ごしている私。
今回は、かなりきています…
今しかできないこと、今やらねばならないこと、ちょっと考えてしまいました。
ほんと、お互いこの歳まで来たんだもんねぇ…
これからは悔いのないように歩いて行かなくちゃね~!!
Commented by coolmama at 2013-12-17 19:37 x
ここに来てから、一期一会という言葉を噛み締めてしまいます。いつでもその時その時を全力で過ごさな、モッタイナイねんなー、とは思っても、なかなか行動はし難いものですね。
Commented by お久しぶり~♪ at 2013-12-18 06:13 x
しみじみ読ませていただきました。
海外での生活、私には経験がなく憧れるばかりですが、やはりつらい思いも抱きながらなのですね。
今年、私も同級生や先輩との突然の別れを経験しました。
またここ数年は喪中欠礼の葉書も増え、そういう親を持つ年代になったのだなーとしみじみ思います。
母の無くなった年齢を超え、退職をして自由な時間を手に入れた今は、なるべくやり残すことのないようにと思う日々です。
それには自分の健康も大事ですね。
会いたい人に会う、やりたいことをやる。。。わがままに暮らしていこうと思います(ノ▽〃)
Commented by azu-azumy at 2013-12-18 16:10
**coolmamaさん**
日本からバンコクにやって来て、日本に居たら知り合うことがなかったであろう方と出会って・・・
考えると奇跡なんですよね!
感謝しなければ・・・
そして、この時間を大切に・・・
Commented by azu-azumy at 2013-12-18 16:21
**りょう☆さん**
コメントありがとうございます。
海外で暮らすということ、心の奥深くに覚悟のようなものをしまっているつもりでいたのですが・・・
そうではなかったようです。
先輩と同級生との別れは思ってもみなかったことだけに・・・
そして、最後のお別れもできなかっただけに・・・
まだまだ整理のつかない状態ですが・・・
残された者は今を精一杯生きることがほんの少しの恩返しになるのかな・・・
と、思ったりしています。
心のこもったコメントありがとうございました♪
Commented at 2013-12-18 23:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by azu-azumy at 2013-12-19 11:06
**鍵コメさん**
コメントありがとうございます。
鍵コメさんにもそんなご経験が・・・
友はきっと見守ってくれているのですよね・・・
Commented by k.hassy at 2013-12-21 20:36 x
しばらくメール確認もできていなくて、
このブログを読んだのは21日です。
バンコクに暮らすことって、こうゆうことだね!

人のつながりを確認できるとき、
大事な人だと確信できるとき、
そんな人と別れるときに、
近くにいることは幸いなことなんですね。

悲しいことを悲しい経験として実感できることは、
悲しさを乗り越えることにもなる

azumyさんの思いを読んでるうちに感じました。
Commented by azu-azumy at 2013-12-23 10:03
**k.hassyさん**
おはよう~♪
心に響くコメントをありがとう!
大切な人とちゃんとお別れできなかったことが
とっても心残りになっていて
どこかで悲しいのに悲しむことにブレーキをかけているようなところあがりました。
そうだね・・・
ちゃんと、しっかり、悲しもう・・・
そして、毎日を大切にして暮らしていこう!

ありがとう~♪
by azu-azumy | 2013-12-17 09:08 | 日々のこと | Trackback | Comments(10)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy