幸福な生活

幸福な生活 (祥伝社文庫)



「幸福な生活」
その内容を全く知らず、いつもの古本屋さんで、ただ、百田尚樹さんの本、という理由で手に入れました。

タイトルから想像して、ほのぼのとした作品?あるいはホロリと泣ける作品?
なんて、勝手に想像していたらこれが・・・
ショートショートでした。
それも、かなりブラックです!!

本を購入したら、その帯はすぐに取ります。
理由はただ単に読みにくいから。
いつも読み終わった後、本棚にしまう前にはずしておいた帯をつけるのですが、その帯に
  衝撃のラスト1行!
  そのページをめくる勇気はありますか?
と。

そうなんです!
この本、19編の短編が収録されているのですが、最後の1行は全て、新たにめくったページに書かれているのです。
めっくった瞬間、「ド~~~~~ン!!」って。

最初の「母の記憶」を読んだ時にはページをめくったらそんなことが待っているなんて思ってもみなかったので、気が付けば「こわい~!!」って声に出してました。

最後の1行は「恐っ!」あり、「ん~~~!」あり、「え〝===!」あり、「・・・・・・」あり、「???」あり、「そうきたか~!」あり、「そうくると思ってたわ~!」あり、「やっぱりな~!」あり。
楽しめました。

解説で宮藤官九郎さんが「百田さんは「作風」を持たない作家さんだなと思いました。著者名を隠して幾つか読み比べたら同じ作家だが書いたと気がつくだろうか」と書かれています。
私もそう思います!

百田さんの本、今度はどんなふうに裏切ってくれるだろうと楽しみです。
[PR]
トラックバックURL : http://azumystyle.exblog.jp/tb/19455228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HAMI×2♪ at 2014-02-12 09:12 x
この本、もう古本屋さんに出ているの?
私も先月、読んだの。
最後の一行♪(笑)
私は、遺言のビデオメッセージかな?
あの1冊で、『世にも奇妙な物語』つくれちゃうよね。
Commented by azu-azumy at 2014-02-12 16:19
**HAMIさん**
そうなの!
読んだらすぐに売る人もいらっしゃるみたい。
有難い限りです^^
3月は本帰国の方も多いので、期待してるの~
気になっている本が手に入るとうれしいわぁ~(^_-)-☆
by azu-azumy | 2014-02-12 08:45 | 読書 | Trackback | Comments(2)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy
プロフィールを見る
画像一覧