「みをつくし料理帖」完結!


天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)



5年に亘る「みをつくし料理帖」シリーズ、ここに完結!
大好きな「みをつくし料理帖」が終わってしまうかと思うと寂しすぎる。

思えば最初に髙田郁さんを知ったのは、日本に住む友人のYちゃんがきっかけ。
おススメの本としてみをつくし料理帖シリーズを教えてくれました。
その後、気になりつつもなかなか髙田さんの本に巡り合うことがなかったのですが、2013年の年明け早々のこと、古本屋さんでシリーズ第2弾の「花散らしの雨」を手にしたのです。
そこからはすっかり「みをつくし料理帖」ファンに!!

女料理人である澪。
あさひ太夫として苦界に身を沈めた幼馴染の野江。
雲外蒼天の澪の運命…
旭日昇天の野江の運命…
ほのぼのとした優しさや、胸をぎゅっとつかまれるような切なさ。
辛いことがあっても顔をあげてまっすぐ前を見て歩こうと思う強さを思い起こさせてくれる。
大好きなシリーズでした。
それが完結なんて!寂しい、寂しい、ほんとに寂しい!!
第10巻のラストは「あぁ~、良かった!」とあついものがこみ上げてきました。
「みをつくし」は「澪尽くし」でもあったのですね…

付録の料理番付を見ると、澪のその後に思いを馳せることができて、うれしくなりました。
その後のみをつくし料理帖として特別巻が刊行されるそうなので、それを楽しみに待つことにしましょう~!!



[PR]
トラックバックURL : http://azumystyle.exblog.jp/tb/20280052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by melissan at 2014-10-12 10:28
私も大好きだったので、終わってしまったのは残念ですが、予想通りの結末にほっとしました。
お料理がどれもおいしそうで、レシピ本も買って、ずいぶん試したっけ。こぼれ梅も、この本で初めて知りました。
Commented by CarolineIngalls at 2014-10-15 18:46
時代小説大好き、でもこの本はまだ読んでおらず
読みたいと思っているうちに、ドラマを先に見ることになりました。
これから是非読んでみたいです^^
Commented by azu-azumy at 2014-10-21 19:06
**melissanさん**
コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさい<(_ _)>
melissanさんも「みをつくし料理帖」がお好きなのですね~♪♪
ほんと、結末にはほっとしましたよね~。
レシピ本を買って、試されたのですね?!
すご~い!!
Commented by azu-azumy at 2014-10-21 19:08
**CarolineIngallsさん**
コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさい<(_ _)>
この本、ほんとおススメです。
友人から紹介された私はまた友人に紹介して
みをつくしの輪がひろがっております~(笑)
私はドラマは見ていなくて・・・、残念!
by azu-azumy | 2014-10-12 09:24 | 読書 | Trackback | Comments(4)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy