2015年2月に読んだ本

3月も下旬というのに2月の読書memoがまだでした(汗)。
それでは、ラインナップから。



azumyの本棚 - 2015年02月 (4作品)
powered by booklog



☆☆☆☆4つをつけたのは2冊。
【敗者の嘘ーアナザーフェイス<2>】 堂場舜一著
「アナザーフェイス」シリーズ第2弾。
妻を亡くし、一人息子を育てることを優先し、刑事総務課に移動した大友鉄。
俳優顔負けのマスク。
こんな刑事いないよね…、と思いつつも引き込まれる。
息子優斗との親子関係も描かれる本作。
楽しみました。

【神様の休日 僕らはまためぐり逢う】 岡本貴也著
実話をもとに描かれた物語。
最愛の妻と二人の息子を東日本大震災で失った主人公。
彼の少年時代はとても辛いことが多かったのだが、妻と出会い、ようやく幸せをつかんだ矢先の震災。
全てを失ってしまった主人公が修復師という仕事と巡り合い、生きる力がよみがえってくる…
とても切ない物語でした。

☆☆☆3つをつけたのは2冊。
【水の棺】 道尾秀介著
老舗旅館の跡取り息子である逸夫。
その同級生の敦子の秘密。
逸夫の祖母の秘密。
道尾さんのミステリーはかなり好きなのですが、この本は感受移入できないまま…

【第四の壁ーアナザーフェイス<3>】 堂場舜一著
「アナザーフェイス」シリーズ第3弾。
同じ作家さんの本を続けて読まないようにしているのですが、今回はシリーズ第2弾、第3弾と続けて読みました。
続けて読まない理由は、ちょっと違うテイストの本を読んだ後の方がより面白さが増すのではという勝手な理由(笑)。
で、続けて読んだ第3弾。
面白いのは面白かったのですが…
今回は何だかぐるぐる回ってここに戻ったのね、という感じで…
一気にゴールまで突っ走って読み切ると言う面白さではなく…



2月は4冊という少なさ。
理由は明快!!
実はわが家にもとうとうインターネットテレビなるものがやって来ました。
関東地上波、関西地上波、CS、BS、全36チャンネルが視聴できる。
地上波は7日前まで、CS・BSは5日前まで視聴できる。
見たい番組を見たい時にいつでも見ることができるって、すご~い!!
と、喜んでいたのですが…
この便利なシステムのおかげでついついテレビを見てしまう…
当然、読書量は激減!!
こんなことではあかん~!!
と思ってはいるのですが…


azumyの本棚はこちら → 




[PR]
トラックバックURL : http://azumystyle.exblog.jp/tb/21030174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by azu-azumy | 2015-03-22 11:07 | 読書 | Trackback | Comments(0)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy