本棚から想像する

わが家は本が多いと思う。
その理由は夫!
私はお気に入りの本以外は引っ越しの度に処分してきた。
でも、夫は違う。
夫曰く「本は財産」らしい。
私以上に読書家の夫は年間100冊以上の本を読んでいるので、おのずと増えていく。
日本の家にもかなりの本があるのだが、バンコクに来てからもその数は増え続けている!

家具付きの家に住んでいるのだが、とても収まりきれず、その都度、カラーボックスを買い足してきた。
現在、夫の本棚として使っているカラーボックスは10個!


a0114521_11295837.jpg

そのうちの4個をリビングの隅に置いている。
写真はそのリビングに置いたもの。
前後にぎっしり詰まっていて、ただただ乱雑に詰め込んでいるだけだと思うのだが…

昨日のこと。
浄水器のフィルター交換に来てくれた日本人スタッフが、夫の本棚に興味深々の様子。
とても若い男性だったのだが、彼も読書が好きだとか。

そんな彼が夫の本棚を眺めた後に

「この本棚から想像したことがあるのですが、言ってもいいですか?」
「何でしょう?」
「ご主人は金融関係にお勤めですか?」
「いいえ、違いますけど」
「えっ?そうなんですか?」

さらに本棚を見た後

「もう一つ、いいですか?」
「どうぞ」
「前任地は中国ですか?」
「そうですけど」

彼、嬉しそうに小さくガッツポーズ。

このことを帰ってきた夫に伝えたところ、ちょっと嬉しそうに
「この本棚からねぇ~」
と、自分の本棚をしばし眺める。
そして、「今、読んでる本、見したるわ~」と鞄から取り出した本がこれ↓。


a0114521_11301288.jpg




私にはただ乱雑に詰め込んでいるようにしか見えない本棚だけど、夫にはこだわりがあったらしい。
今日、来てくれた彼は夫のこだわりに気づいてくれたのか?
満足げな夫の顔~(笑)

彼に残りの本棚を見せたらどんな想像をするのか?
そこには夫のどんなこだわりが隠されているのか?
ちょっと興味が湧いてしまった(笑)



[PR]
トラックバックURL : http://azumystyle.exblog.jp/tb/21101292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-04-09 13:05
こんにちは

私も長い期間「年100冊」派でしたが、7.8年前に卒業して、本は殆ど売ってしまいました。
きっかけは、選択肢というか、岐路がなくなり、この先の自分の人生は、
現在の延長線上にあり、自分はそれに満足である、と思うようになったからでしょうか。

年齢や、体力的な限界もありますが、そう思うとさっぱりしました。
あとはいかに人生を楽しく生きるか、それから何かで世間に貢献できるかというほうに
興味の対象が向いてます。

本棚の本では、「終身旅行者」と、「仏教のすべて」は読んでみたいと思いました。
今や、月2冊ペースですけどね。

Commented by azu-azumy at 2015-04-09 16:27
**旅プラスさん**
こんにちは。

夫もどこかで本を手放すことになるのでしょうね~
このままでは日本に帰ったら、家中本に埋もれてしまいます(苦笑)
旅プラスさんの選択、素敵ですね~♪

夫の本棚、「日本書紀」等々、歴史関係の本もかなり多いのですが、仏教関連の本も多いのです。
私はなかなか興味がわかないのですが~(笑)
Commented by bonbonniere0826 at 2015-04-09 16:46
azumyさん こんにちは♬
え!?前任地は中国だったの?
何気に初耳!^^
Commented by azu-azumy at 2015-04-09 16:59
**picoriさん**
サワディカ~♪
前任地は中国なのですが~
この時は夫は単身赴任だったのですよ^^
駐在期間も短かったので、私は一度も中国に行かないままでした。
picoriさんのところに遊びに行かせていただくようになって
夫が駐在中に行っておけばよかったと後悔しています!!
by azu-azumy | 2015-04-09 11:51 | 読書 | Trackback | Comments(4)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy