4月の読書

4月に読んだ本は6冊。
今月は日本への一時帰国のために空港で、そして飛行機の中での読書タイムを楽しみました。

今月もまたまた東野圭吾さんの本、読みました♪
でも・・・かなり古いものばかりです。
『美しき凶器』『卒業―雪月花殺人ゲーム』『超・殺人事件―推理作家の苦悩』
どれもおもしろくて・・・ますます東野ワールドにはまっています!

『人質カノン』
宮部みゆきさんも大好きな作家のひとり。
この本もかなり前に出版されたものですが、おもしろかったです。

『エンジェル』
実は・・・石田衣良さんの作品を読むのは初めてでした。
『エンジェル』おもしろかったです!

もう少し石田ワールドを堪能してみたいと思って次に読んだのが『逝年』
これもおもしろかった!
『逝年』は『娼年』の続編なので、『娼年』も読んでみたいと思いました。

私の読書はかなり偏りがあって読んだことのない作家さんがいっぱい・・・と痛感する今日この頃。
もっといろんな作家さんの本を読んでみたいと思っています。
ということで日本で買ってきた伊坂幸太郎さんの『オーデュボンの祈り』を読み始めました。
伊坂さんの作品は読んでみたい!と思いつつ機会がなくて・・・
バンコクの古本屋さんでも伊坂さんの作品はまだ見かけたことがありません。
一番読みたかったのは『ゴールデンスランバー』なんだけど、これはまだ文庫本が出ていないみたい。ハードカバーの本は重いので・・・今回は伊坂さんの文庫本。
さてさて伊坂ワールドにはまってしまうのかどうか・・・楽しみながら読んでいます♪
[PR]
トラックバックURL : http://azumystyle.exblog.jp/tb/8229534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by azu-azumy | 2009-04-30 13:41 | 読書 | Trackback | Comments(0)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy
プロフィールを見る
画像一覧