今回私たちが参加したツアーは3日目の午後は自由行動
この時間にはハノイ大教会周辺にてショッピング

ハノイ大教会
a0114521_8213525.jpg


その後はハノイ大教会周辺にある
ニャートー通り、リークオックスー通り、ニューチュン通り、ハンチョン通り、ハンガイ通り
でも普段バンコクでアジア雑貨などを目にしているせいか
今一つ買い物意欲がわきませんでした
ただ一つ旅行前から絶対ここには行きたいと思っていたお店【Nagu (ナグ)】
買ってきたのはこちら
a0114521_8225032.jpg

アオザイを着て傘をかぶったテディベア
右足にはベトナム国旗の☆
左足にはこんな刺繍!かわいいでしょ~
a0114521_8242637.jpg



大教会周辺の景色
a0114521_8221677.jpg

前に座席がついた三輪車風の乗り物は「シクロ」これに乗って観光することができます


3日間の旅行中にいただいたものは
ベトナム料理・フランス料理・中華料理・シーフード
3日間すべての食事付きだったのですが…
ツアーに組まれている食事は美味しいものもあれば……のものも
その中でおいしいと思ったのは

生春巻き
a0114521_8254963.jpg

フォー
a0114521_8262188.jpg

揚げ春巻
a0114521_8264959.jpg


2泊3日のベトナム旅行
ハノイに行きたいと言い出したのは夫でした
私はベトナムには全く興味がありませんでした
興味がないということはあまりにも無知ということで…

私の中のベトナムのイメージは
そう…ずいぶん昔に見たスマップ・香取慎吾くん主演の『ドク』のままで…
でもそれはもう10年も前の話
実際に自分の目で見たベトナム・ハノイの街は人とバイクにあふれていて
時間の流れが加速度を増している最中でした

歴史好きの夫は旅行前からベトナムのことについて熱く語っていましたが
「ふ~~ん」と半分(いや8割?9割?)聞き流していて…
でもベトナムに行ってみて
この国は戦争がなかったら今ごろ…と思ったり
5年後のベトナムを見てみたいなぁ…と思ったり
色々考えたり感じたりすることも多かったように思います


今まで東南アジアにまったくと言っていいほど興味のなかった私
最近は少しずつ東南アジアが好きになってきました
去年訪れたカンボジアはバンコクから飛行機で約40分
ハノイは約1時間半
とっても近いと感じました
それは物理的な距離だけではなく心理的な距離も…

せっかくのタイ暮らし
タイに居るからこそできる経験
大切にしていきたいと思います


― Fin ―


[PR]
by azu-azumy | 2008-01-08 00:05 | *2007.12 ハノイ(ベトナム) | Trackback | Comments(0)

3日目の午前中はハノイ市内観光
午前9時にホテルを出発して向かったのは

ホー・チ・ミン廟
a0114521_1828827.jpg
この廟は1975年にできた総大理石造り
ガイドさんが
「荷物は車の中に置いておくように。カメラと携帯電話は私が預かります」と
写真撮影が禁止なんだろうなぁ~と軽く考えていたら
入口から入場者が2列にきちんと並んで歩いている
すごいなぁ~と思っていたら荷物チェック
それもまるで空港のように厳重なチェック
大きな荷物を持って入ることはできず
カメラはカメラ専用の小さなバッグに
携帯電話は透明の小さなバッグに入れるように言われていました
その後2列に並んでずっと歩いて行くと
途中でカメラのバッグを持っている人のみ呼びとめられて
カメラを預けるように言われてました
廟まで2列で歩いて行くと廟のまわりには兵隊さん
入口の手前で一列に並ぶように指示されました
帽子やサングラスをかけている人ははずすように指示され
話をしている人は注意され
前の人との間隔がちょっとあくと注意され
なんとなく厳かな雰囲気の中で誰一人声を発することなく部屋の中へ
部屋の中央にはホー・シ・ミン主席の遺体がガラスケースに安置されています
ホー・チー・ミンが亡くなったのは1969年9月2日
毎年命日にはたくさんの人が訪れるそうです
ホー・チ・ミン主席は偉大な人だったんだ…と改めて思いました

※この写真は見学を終えてガイドさんから写真撮影はここでと教えてもらって撮影しました



次に向かったのは廟の北側にある

ホー・チ・ミンの家
a0114521_1828487.jpg

1958年に建てられた木造高床式の住居
ホー・チ・ミンは1969年までここに住んでいたそうです

ホー・チ・ミンの家の手前にある洋館
ホー・チ・ミンが1954年から亡くなるまで執務を行った大統領府
a0114521_18292615.jpg

1990年ホー・チ・ミンの生誕100周年を記念して建てられた

ホー・チ・ミン博物館
a0114521_18301547.jpg

1本の柱の上に仏堂を載せているところからこう呼ばれています

一柱寺
a0114521_18311535.jpg


ホアンキエム湖
a0114521_1832445.jpg
ハノイ市街の中心にある湖
湖畔でくつろぐ人の姿が見られました
この湖に語り継がれている伝説
1428年黎朝の始祖レロイは湖に住む亀から授かった宝剣で明軍を駆遂
ベトナムを中国支配から解放したそうです

ホアンキエム湖上のゴックソン島にある

玉山祠
a0114521_18325449.jpg


2泊3日のツアーに組まれている観光はこれで終了
午後からは自由行動です

[PR]
by azu-azumy | 2008-01-07 00:07 | *2007.12 ハノイ(ベトナム) | Trackback | Comments(0)

2日目は今回のベトナム旅行のメインイベント

【ハロン湾クルーズ】

朝8時半にホテルを出発
ハロン湾クルーズに出発するバイチャイまでは車で約3時間半
途中の休憩を含めると往復8時間もかかりました


クルーズ船には私たちを含めて9人とガイドさん4人が乗船
12時に出港してまずはシーフード料理のランチ
その後2階のデッキに上がってクルージングを楽しみました
この日はとてもいいお天気で暖かく
絶好のクルージング日和でした

地名の『ハロン』は「ハ」=降りる 「ロン」=龍という意味だそうです
1994年ユネスコの世界遺産に登録されました
ハロン湾は『海の桂林』と言われる景勝地
(と言っても『桂林』には行ったことがないのですが…)
海面からたくさんの岩が突き出しています
大小合わせて2000もの岩があるそうです

とってもきれいな景色でした
a0114521_1003977.jpg
a0114521_1011978.jpg
a0114521_1054040.jpg
a0114521_1015310.jpg


こちらは闘鶏岩と言われています
a0114521_1034118.jpg

そしてこれはゴリラの横顔だそうです
a0114521_1042632.jpg

途中で下船してタウゴー島にあるティエンクン洞という鍾乳洞を見学
きれいな写真が撮れませんでした
a0114521_1062164.jpg


約3時間のハロン湾クルーズ
雄大な景色の中でゆったりした時間を過ごすことができて
とても楽しかったです♪

2日目はこのハロン湾クルーズの後食事をとって終了
残すはあと1日!

[PR]
by azu-azumy | 2008-01-06 00:05 | *2007.12 ハノイ(ベトナム) | Trackback | Comments(0)

バッチャン村の後に向かったのは 水上人形劇

この水上人形劇は1000年もの歴史があるそうです
私たちが行った劇場は屋外にありました
18時からの公演で開演前には立ち見の人もいるぐらいの満員状態
私たちの席は中程だったのですが
後で知ったところによると前列はファーストクラスだったみたいで
料金を追加して前列にしてもらったらよかったなぁ…

舞台はこんな感じ
a0114521_1350498.jpg
池の真ん中に舞台があってどんなふうに演じられるんだろうと思っていたら
舞台の横手から楽器の音色と女性のきれいな高音の歌声が聞こえてきました
a0114521_13504385.jpg
ほどなくして舞台では人形劇が始まりました
火を噴く竜の踊り
a0114521_13511618.jpg
鳳凰の舞
a0114521_1351502.jpg
水面を舞台にした人形劇は言葉はわからなくても
そのコミカルな動きに魅せられました
人形はテンポよく動くうえ私の写真の腕前では…
きれいに撮ることができませんでした
a0114521_1352276.jpg
a0114521_135301.jpg
終盤には8人の仙女が登場する『仙女の舞』というものがあったのですが
これはまるでシンクロのようでその動きは素晴らしかった~

水面を舞台にした人形劇ってどうやって動かしてるんやろ?
やっぱり水中に潜ってるんやろか?
いや~水の中には入ってないやろう
ほんならどうやってるんやろ?

そんな会話をしていたら人形を操っていた人たちが登場
a0114521_13533276.jpg
うわぁ~下半身は水の中やし~
そやけど上半身は濡れてないし~
っていったいどうやって人形を操ってたん????
最後までなぞのままでした

約1時間の水上人形劇はとても楽しめました
ツアー日程に『水上人形劇』ってあった時には
ベトナムに行って人形劇~???って思ってたのですが…
ごめんなさい
水上人形劇…あなどってました



水上人形劇を見た後は夕食をとってホテルへ
この日は大晦日だったのでホテルのロビーでカウントダウンがあると聞いていたのですが
この日は朝4時に起きて、5時に自宅出発だったので
9時には睡魔が襲ってきて知らぬまに夢の中へ
ベトナムでのカウンタダウンに参加できなかったのは残念でしたが
ベトナム旅行1日目は存分に楽しめました

[PR]
by azu-azumy | 2008-01-05 02:05 | *2007.12 ハノイ(ベトナム) | Trackback | Comments(2)

1日目の午後は バッチャン へ

バッチャンはハノイ市街から約10km南東のホン河沿いにある村で
バッチャン焼きという陶磁器で有名
バッチャン焼は約600年の歴史があるそうです

日本に居る頃はバッチャン焼の食器をアジア料理店などでよく目にしていたし
バンコクに来てからも時々目にします

バッチャン村には大小約100軒の工房があるらしいのですが
今回は MINH HAI CERAMIC へ
工房を見学させてもらいました
全て手作業
下書きなしに絵入れをしていたのはタイのベンジャロン焼と同じ
やっぱり職人技ですね
a0114521_1019916.jpg
a0114521_10194065.jpg


お土産に買って帰りたいものはたくさんあったのですが
食器は重いので…
小さな小物入れを買ってきました
とってもかわいいでしょ~
a0114521_10201442.jpg


バッチャンは小さな村でした
でもガイドさんから歩くのはあまりよくないと言われ
車で数件のお店を見学しただけ
お店をでたらこんな乗物に遭遇
バンコクにはない光景にパチリ
a0114521_10205072.jpg


バッチャン村のあとは水上人形劇観賞へ

[PR]
by azu-azumy | 2008-01-05 01:05 | *2007.12 ハノイ(ベトナム) | Trackback | Comments(0)

2007年12月31日~2008年1月2日
2泊3日のベトナム旅行をしました

例年の年末年始は両方の実家で過ごしたり友人と新年会をしたりしていましたが
なんんせ私は寒いのが大嫌いだし
せっかくタイに住んでいるのだから二人でお正月というのもいいよね~
そんな風にすんなり話がまとまりまして
年末年始タイ脱出計画はスタートしました

ベトナムに行くといっても南部のホーチミンへ行くか北部のハノイへ行くか
夫婦で意見は二分しました
年末年始の短い休みでは旅行日程は2泊3日しか組めず
ホーチミンとハノイの両方は難しい
もともとベトナムへ行きたいと言い出したのは夫だっだし…
「ハロン湾に行きたい」という夫の強い希望に押されまして…
めでたくベトナム・ハノイ 2泊3日の旅に決定



12月31日はAM7:50 TG(タイ航空)682便で出発
飛行機に乗るとすぐに機内食が出てきました
a0114521_12255715.jpg

メニューは何かわからないけど香りはタイ料理
朝からタイ料理は無理~
出発前にスワンナプーム空港のスタバでしっかり朝食を済ませていたので
フルーツだけいただきました


約1時間半のフライトでベトナム・ハノイ空港到着
飛行機から降りたら…寒い
まわりを見るとダウンを着ている人も…

実はハノイの気候のことは頭からすっぽり抜け落ちていました
旅行社の方からもちょっと肌寒い程度と聞いていたし
ベトナムはタイと同じ東南アジアだから気候も似てるだろう~
…と勝手に思い込んでいたのです

前々日にハノイのお天気をチェックして
ハノイは寒いと知りおおあわてで冬支度をしたのですが
空港到着早々寒さの洗礼を受けました
気温30℃のバンコクから冬のハノイは結構こたえます
空港でスーツケースを開いてフリースを引っ張り出しました
フリースを持ってきてよかった~


空港に迎えに来てくれたガイドさん
3年間日本に住んでいたらしく日本語も上手でした
とっても優しい感じのいいガイドさん
今回は私たち二人とガイドさん&ドラーバーさんの4人で2泊3日の旅です

ガイドさんによると前日に雨が降ったので気温が下がっていて
今は15℃くらいで夜はもう少し寒くなるらしい
車からみる風景もどんよりと曇っていて「冬」を感じさせるものでした


まずハノイ市内にあるホテルへ向かいました
私たちが宿泊したのは

ホテル日航 ハノイ
a0114521_12275769.jpg
a0114521_12283981.jpg
a0114521_12293578.jpg
a0114521_1230161.jpg

ここはハノイで唯一の日系ホテル
お部屋も清潔で過ごしやすかったです

ホテル到着後少し休憩して昼食
1日目の昼食はベトナム料理でした
そのあとは午後の観光へ出発です

[PR]
by azu-azumy | 2008-01-05 00:05 | *2007.12 ハノイ(ベトナム) | Trackback | Comments(0)