カテゴリ:読書( 154 )

こんなところで・・・

静かなカフェで読書。私のお気に入りの時間のひとつ。

今日もそんなカフェで読書タイム。
読んでいたのは大好きな重松清さんの【あすなろ三三七拍子】。

45歳のサラリーマンが廃部寸前の大学の応援団を立て直すお話なのですが・・・とにかく面白い!
ありえない話なのに・・・面白い!

本に夢中になっていると知らず知らずのうちにニンマリ~(=⌒▽⌒=)
・・・のうちはまだよかったんだけど、思わず笑ってしまったのです
静かなカフェで ・・・

この時点ではまだ小さな声だったのでギリギリセーフ(?)
あかん、あかんと思いながらも夢中になってしまって、ついに・・・
吹き出してしまったのです

しまった~と思いつつ顔を上げると・・・
笑顔でこちらを見ている外人のおじさまと目があってしまいました・・・( ̄Д ̄;;
恥ずかしい~

そんな【あすなろ三三七拍子】ですが・・・ラストはホロリ。
やっぱり重松清さんの本、好きだわぁ~
[PR]
by azu-azumy | 2011-01-07 18:00 | 読書 | Trackback | Comments(0)

2010年に読んだ本

バンコクで生活するようになって読書の時間が増えました。
TVを見る時間が格段に減ったのも大きな要因の一つ。
わが家で見ることができる日本語放送は『NHKワールドプレミア』のみ。
民放を見る方法もあるようなのですが・・・
ここでの生活で好きなだけTVを見ることができるようになると恐ろしいことになりそうなので・・・
そんなこんなで2010年はたくさん読みました!その総数 122冊!!
読書はもともと好きでしたが・・・それでも122冊は大幅な記録更新です。
せっかっくなので~色々ランキングを開催してみます(笑)

まずは作家別ランキング・ベスト10
第1位 東野圭吾 (25冊)
第2位 重松清 (19冊
第3位 宮部みゆき (17冊)
第4位 横山秀夫 (10冊)
第5位 浅田次郎 (5冊)
第6位 山崎豊子 (3冊)
     角田光代 (3冊)
     乃南アサ (3冊)
     唯野恵 (3冊)
     海堂尊 (3冊)

続いては、私の独断と偏見による評価。
★★★★★は5冊
1.時生(東野圭吾)
2.きみの友だち(重松清)
3.一瞬でいい(唯野恵)
4.阪急電車(有川浩)
5.風が強く吹いている(三浦しおん)

★★★★は36冊
秘密・片思い・流星の絆・さまよう刃・使命と魂のタイムリミット・手紙・殺人の門・放課後・ガリレオの苦悩・聖女の救済・新参者(東野圭吾)
蒲生邸事件・ぼんくら(上)・ぼんくら(下)・模倣犯(1)・おそろし・楽園(上)・楽園(下)(宮部みゆき)
流星ワゴン・くちぶえ番長・希望が丘の人びと・小さき者へ・再会(重松清)
臨場・看守眼(横山秀夫)
本は10冊同時に読め(成毛眞)・読書力(斎藤孝)・人間の覚悟(五木寛之)・告白(湊かなえ)・
心に響く5つの小さな物語(藤尾秀昭他)・八日目の蝉(角田光代)・フリーター、家を買う(有川浩)
終わらざる夏(上)(浅田次郎)・悼む人(天童荒太)・家日和(奥田英朗)・ゴールデンスランバー(伊坂幸太郎)

私の好きな番組に【週刊ブックレビュー】があります。
バンコクに来てから知った番組なのですが、かなりおもしろい。
バンコクでは夕方に放送されていたのですが、最近は土曜日の夜遅くに放送されるようになって・・・
しばらく見ていなかったのですが、先週の土曜日たまたま見ることができました。
その時の放送でで司会者4名がそれぞれ『2010年の10冊』を選んでいるのを見て、私もやってみよう~
なんて思ってしまいました(笑)
ということで・・・2010年私の10冊は

1.本は10冊同時に読め (成毛眞)
これは夫の本棚から選んだ本。夫の趣味のひとつも読書ですが、私とはまったく本の趣味が違う。
たまたまタイトルに惹かれて読んだこの本。今までの私の読書スタイルとはちょっと違う著者の主張。
私は1冊読んでから次の本に進んでいましたが、一生のうちに読める本なんて限られてるし・・・
ならばこの著者が勧めるような読書スタイルもありかも・・・
少し読書スタイルをかえてみようかな~なんて思わせてくれた1冊です。

2.読書力 (斎藤孝)
こちらも夫の本棚から。【本は10冊同時に読め】に触発されて読んだ本。
私は読者が好きだけど著者の言う『読書力』はない・・・
続けて2冊読書スタイルを見直すきっかけを与えてくれたような気がして
斎藤さんが勧める『新書を50冊読め!』に習ってみよう!と決意したのですが…
今年はこの他に読んだ新書は【人間の覚悟(五木寛之)】・【化粧する脳(茂木健一郎)】・【国家の品格(藤原正彦】の3冊だけでした。

3.時生 (東野圭吾)
東野圭吾さん大好き!な私。この【時生】は今まで読んだ東野作品のなかでベスト3に入る作品。
じわ~っと心に響く作品でした。

4.きみの友だち (重松清)
重松清さんは昨年【そのひのまえに】を読んで大好きになった作家さん。
この本、わたしの大好きな重松節が効いていて、じわじわ~っと感動が伝わってきます。

5.阪急電車 (有川浩)
【阪急電車】がおもしろいらしいと知ってからなかなか手にすることができなかった本。
有川さんの本を初めて読んだのは今年の9月【フリーター、家を買う】でした。
これがおもしろくて!【阪急電車】への期待度もぐんぐん↑↑。
ハードルを上げてしまってから読んだのですが、期待通りの面白さでした。
私とはまったく読書の趣味の違う夫が「おもしろい!」と。
そして『次は小林に住んでみるのもええなぁ~』だって~(笑)

6.風が強く吹いている (三浦しおん)
三浦さんの作品はこれが初めて。この本も読んでみたいと思いつつなかなか機会がなかった本。
箱根駅伝にチャレンジする大学生の物語ですが・・・
絶対ありえへんやん!とわかっていながら・・・「THE 青春!」という感じが、なんだかいいなぁ~!
どんどん惹き込まれていきました。
来年は三浦さんの他の作品も読んでみたい。

7.一瞬でいい (唯野恵)
唯野さんの作品もこれが初めて。
おさななじみの4人に起こった18歳のある日の出来事。そのことが4人の運命を変えて30年後・・・
今年読んだ本の中では唯一のラブストーリー。

8.家日和 (奥田英朗)
奥田さんの作品も初めて読みました。
期待通りおもしろかった!この後、【イン・ザ・プール】も読みましたが、これもまた私好み。
私の中では奥田さん、ちょっと注目です。

9・臨場 (横山秀夫)
横山さんの作品は今年初めて読みました。最初が【深追い】。それが面白かったので次々に・・・
私はミステリーが大好きなのですが、警察を舞台にしたミステリーはほとんど読んだことがなかったのでこれがとっても新鮮で!気がついたら10冊も読んでました。

10.ゴールデンスランバー (伊坂幸太郎)
実は私・・・伊坂さんの作品が苦手でした。
といっても、伊坂さんの作品と出合ったのは去年のことで、それも読んだのはただ1冊【オーデュボンの祈り】。
出会いの作品【オーデュボンの祈り】が難解で・・・私には?????だらけ。
がんばってがんばって読み終えたという感じで・・・「私には伊坂さんの作品は無理だわ」と思っていたのですが
ブクログで伊坂さんの作品があまりにも評判が良いので、今年になって【重力ピエロ】を読みました。
【重力ピエロ】は【オーデュボンの祈り】による伊坂さんのイメージを覆してくれて、もう少し読んでみようかな・・・という気持ちにしてくれました。
それで手にしたのが【ゴールデンスランバー】。おもしろかったです。
伊坂さんの他の作品はどんな感じだろう・・・かなり興味がわいています。

今年もいつものごとく、東野圭吾さん、重松清さん、宮部みゆきさんの作品を多く読みましたが
有川浩さんや奥田英朗さん等々、あらたな出会いもあって2010年の私の読書はかなり充実していたと思います。

そんな私の読書memoに役立っているのがブクログ 。
この本棚に本が増えていくのもまた楽しみのひとつ。新着レビューやランキングも参考にしています。
その他に、Amazonの『おすすめ商品』も役だっています。これは私の既に持っている本をもとにされているようで、三浦しおんさんや奥田英朗さんの作品とはこのおかげで出会えました。

来年はどんな本に出会えるかしら・・・
来年も素敵な読書ライフを送りたいと思っています。



ぽちっと応援していただけるととても励みになります♪
      ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by azu-azumy | 2010-12-29 11:02 | 読書 | Trackback | Comments(2)

9月に読んだ本

あっと言う間に10月です。
前回の更新が8月の読書メモだったので・・・
まるで読書ブログのようになっていますが・・・(^_^;)

9月もとっても忙しい日々を過ごしていました。
でも~夜は読書にいそしんでおりました。
次々に読みたい本があって・・・うれしい悲鳴(?)をあげてます(笑)

そんな9月に読んだ本は15冊!
今月の私の身勝手評価☆☆☆☆は4冊。

今月一番印象深かったのが有川浩さんの【フリーター、家を買う】
有川さんの本は読んでみたいと思いながらなかなか機会がなく
ようやく手にしたのがこの本です。
他の方のレビューを見ると賛否両論ですが・・・
私は期待通り、面白かった~!
他の本も読んでみたいと思います。

宮部みゆきさんの【楽園】も好きです♪

こちらも読んでみたい!と思っていた浅田次郎さんの【終わらざる夏】
昭和20年8月15日の終戦。
その後にも続いた戦争があったこと・・・知りませんでした。
考えてみると、戦争のことはほとんど知らない。
ちょっとショックのような、悲しいような・・・

そして・・・ちょっと残念だったのが宮部みゆきさんの【小暮写眞館】
700ページの長いお話なのですが・・・
なかなか進まない。
なんとか読み切りましたが・・・
私は宮部みゆきさんの本は好きなものとあまり・・・というものがあるのですが
これはあまり・・・の方でした。

久々に伊坂 幸太郎さんの本も読みました。
私の伊坂さんデビューは【オーデュボンの祈り】だったのですが・・・
この本は私には難解で・・・
伊坂さんの本は私には無理かも・・・と思っていました。
でも【重力ピエロ】はとても評判が良いのでチャレンジ。
今回は難解ではなかったけれど・・・☆☆☆でした。


10月も以前から「読みたい~!」と思っていた本が数冊スタンバイ中~!
さてさて、10月は何冊読めるかしら~♪




azumyの本棚
2010年09月
アイテム数:15
重力ピエロ
伊坂 幸太郎
読了日:09月06日
{book['rank']

影踏み (祥伝社文庫)
横山 秀夫
読了日:09月06日
{book['rank']

かまいたち (新潮文庫)
宮部 みゆき
読了日:09月06日
{book['rank']

深追い (新潮文庫)
横山 秀夫
読了日:09月07日
{book['rank']

スターバト・マーテル
篠田 節子
読了日:09月07日
{book['rank']

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)
東野 圭吾
読了日:09月07日
{book['rank']

動機 (文春文庫)
横山 秀夫
読了日:09月07日
{book['rank']

楽園〈上〉
宮部 みゆき
読了日:09月08日
{book['rank']

楽園 下
宮部 みゆき
読了日:09月09日
{book['rank']

小暮写眞館 (100周年書き下ろし)
宮部 みゆき
読了日:09月23日
{book['rank']

フリーター、家を買う。
有川 浩
読了日:09月23日
{book['rank']

真相 (双葉文庫)
横山 秀夫
読了日:09月25日
{book['rank']

終わらざる夏 上
浅田 次郎
読了日:09月27日
{book['rank']

終わらざる夏 下
浅田 次郎
読了日:09月30日
{book['rank']

powered by ブクログ

[PR]
by azu-azumy | 2010-10-02 21:00 | 読書 | Trackback | Comments(10)

8月に読んだ本

なかなか更新できないうちに・・・あっと言う間に1か月が過ぎさりました(^_^;)
時間がたつのが早すぎます!!

そんな8月に読んだ本は16冊!

今月の私の独断と偏見による評価ですが・・・
残念ながら☆☆☆☆☆はありませんでした。

☆☆☆☆をつけたのは
角田光代さんの【八月の蝉】
こちらはNHKでもドラマ化されていたし、読んだ方も多いのでは~^^

【心にひびく小さな5つの物語】はイチロー選手が少年時代に書いた作文が紹介されていたり・・・
限られた時間を大切にしなければ・・・改めてそう思いました。

横山秀夫さんの【臨場】
先月、横山さんの作品を読んで以来、横山さんのミステリーにちょっとはまっています。

東野圭吾さんは1987~1994年に書かれた5作品を読みました。
その当時に読んでいればもっと違った感想があったかもしれませんが・・・
現在の私が読んだ感想は・・・☆☆☆でした^^

さてさて~9月はどんな本に出会えるかしら~♪



azumyの本棚
2010年08月
アイテム数:16
八日目の蝉
角田 光代
読了日:08月25日
{book['rank']

真昼なのに昏い部屋
江國 香織
読了日:08月26日
{book['rank']

心に響く小さな5つの物語
藤尾 秀昭,片岡 鶴太郎
読了日:08月27日
{book['rank']

幸せになりたい
乃南 アサ
読了日:08月28日
{book['rank']

暗鬼 (文春文庫)
乃南 アサ
読了日:08月28日
{book['rank']

冷たい誘惑 (文春文庫)
乃南 アサ
読了日:08月28日
{book['rank']

震える岩 霊験お初捕物控 (講談社文庫)
宮部 みゆき
読了日:08月29日
{book['rank']

幻色江戸ごよみ (新潮文庫)
宮部 みゆき
読了日:08月29日
{book['rank']

第三の時効 (集英社文庫)
横山 秀夫
読了日:08月30日
{book['rank']

臨場 (光文社文庫)
横山 秀夫
読了F9:08月30日
{book['rank']

顔 FACE (徳間文庫)
横山 秀夫
読了日:08月30日
{book['rank']

怪しい人びと (光文社文庫)
東野 圭吾
読了日:08月31日
{book['rank']

11文字の殺人 (光文社文庫)
東野 圭吾
読了日:08月31日
{book['rank']

殺人現場は雲の上 (光文社文庫)
東野 圭吾
読了日:08月31日
{book['rank']

むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)
東野 圭吾
読了日:08月31日
{book['rank']

powered by ブクログ

[PR]
by azu-azumy | 2010-09-06 16:10 | 読書 | Trackback | Comments(6)

7月に読んだ本

7月に読んだ本もまたブクログの紹介リンクを使って。
今月読んだ本は14冊! 6月と同じでした。

今月は・・・残念ながらダントツで良かった本はなかったなぁ・・・
☆☆☆☆をつけたのは東野圭吾さんの【放課後】と重松清さんの【再開】
【放課後】は東野作品31作目にして読んだデビュー作。
そうそう私が読み始めた頃のミステリーってこんな感じの本が多かったなぁ・・・

夏川草介さんの【神様のカルテ】は2010年本屋大賞の2位だったのでかなり期待して読んだのですが・・・
私の勝手な評価は☆☆☆

今月は偶然、家族をテーマにした重い本を2作品読みました。
天童荒太さんの【家族狩り】と重松清さんの【疾走】
【家族狩り】はずっと前に読んだ【永遠の仔】を思い出しました。
【疾走】は重松さんの作品の中で初めてあまり好みじゃないなぁ・・・と思った作品。

さてさて来月はどんな本と出会えるかなぁ~♪




azumyの本棚
2010年07月
アイテム数:14
神様のカルテ
夏川 草介
07月05日{book['rank']

家族狩り オリジナル版
天童 荒太
07月19日{book['rank']

まんぷく劇場
室井 滋
07月17日{book['rank']

深追い (新潮文庫)
横山 秀夫
07月13日{book['rank']

初ものがたり (新潮文庫)
宮部 みゆき
07月13日{book['rank']

放課後 (講談社文庫)
東野 圭吾
07月03日{book['rank']

再会
重松 清
07月17日{book['rank']

小学五年生 (文春文庫)
重松 清
07月13日{book['rank']

疾走 上 (角川文庫)
重松 清
07月22日{book['rank']

疾走 下 (角川文庫)
重松 清
07月22日{book['rank']












powered by ブクログ

[PR]
by azu-azumy | 2010-07-31 23:52 | 読書 | Trackback | Comments(8)

6月に読んだ本

最近、読書熱が上昇中の私^^
読んだ本の整理をなんかちょっといい感じにできないかなぁ~と思っていたところ
読書ブログを書かれている方のところでブクログというものを知りました。
これがなかなか面白そうだったので私もさっそく自分の本棚を作ってみました♪

読書好きの夫はいつも手帳に書き込んでいたようなのですが
ブクログを教えると「これなかなかええなぁ~」と密かに(?)本棚を作ったようです^^

そこで~6月に読んだ本のUPはこのブクログの紹介リンクを使ってみることにしました。
6月に読んだ本は↓の14冊

今月ダントツに良かったのが重松清さんの【きみの友だち】
じわじわ~っと心に効いてくる感じが好きで☆☆☆☆☆をつけました♪

☆☆☆☆をつけたのは、重松清さんの【小さき者へ】、東野圭吾さんの【使命と魂のリミット】・【手紙】・【殺人の門】
宮部みゆきさんの【おそろし】

今月は重松清さんと東野圭吾さんの本で10冊。
来月は他の作家さんの作品をもっと読んでみようと思っています♪

それから・・・本の☆評価はあくまでもazumyの好みということでヨロシクお願いしま~す♪




きみの友だち
重松 清
06月04日{book['rank']

小さき者へ
重松 清
06月04日{book['rank']

ナイフ (新潮文庫)
重松 清
06月10日{book['rank']

使命と魂のリミット
東野 圭吾
06月10日{book['rank']

手紙 (文春文庫)
東野 圭吾
06月10日{book['rank']

ゲームの名は誘拐
東野 圭吾
06月19日{book['rank']

殺人の門
東野 圭吾
06月04日{book['rank']

夜明けの街で
東野 圭吾
06月11日{book['rank']

くまちゃん
角田 光代
06月14日{book['rank']

水底の光 (文春文庫)
小池 真理子
06月11日{book['rank']

powered by ブクログ

[PR]
by azu-azumy | 2010-07-01 11:32 | 読書 | Trackback | Comments(10)

5月に読んだ本

5月の読書memo。
5月は2度の一時帰国でバンコクに居たのは12日間。
バンコクに居る間は自宅にこもることが多かったので読書がすすみましたが
一時帰国中はほとんど本を読む時間がなかったので今月読んだ本は13冊
新書は香山リカさんの【私は若者が嫌いだ!】の1冊のみ(^_^;)


29.【私は若者が嫌いだ!】(香山リカ)
30.【模倣犯1】(宮部みゆき)
31.【模倣犯2】(宮部みゆき)
32.【模倣犯3】(宮部みゆき)
33.【模倣犯4】(宮部みゆき)
34.【模倣犯5】(宮部みゆき)
35.【闇の子供たち】(梁 石日)
36.【定年ゴジラ】(重松清)
37.【カシオペアの丘で 上】(重松清)
38.【カシオペアの丘で 下】(重松清)
39.【さまよう刃】(東野圭吾)
40.【流星の絆】(東野圭吾)
41.【告白】湊かなえ


今月良かったのは宮部みゆきさんの【模倣犯】、東野圭吾さんの【さまよう刃】・【流星の絆】、そして湊かなえさんの【告白】

【模倣犯】は読んでみたいと思いつつなかなか手が出せなかった本。
全5巻の長編を読むにはちょっと覚悟が必要だったの~(笑)
この本、面白かったです。第1巻が一番面白い。1から2、2から3へと進んでいくと・・・
これは仲居くん主演で映画になってるんですよね。映画もちょっと観てみたくなりました。

【さまよう刃】・【流星の絆】。やっぱり東野圭吾さんの作品は面白い。
【流星の絆】は結末がちょっといい!
日本ではTVドラマ化されていたんですね。これもちょっと観てみたい~。

【告白】。ず~っと読みたかった本。文庫化されてようやく手にしました。
この作品は今、上映中ですよね。これも観てみたい~。



バンコクに戻ってみると、やっぱり時間はゆ~ったりと流れていきます。
今月もまたたくさん読書ができるかしら~^^
[PR]
by azu-azumy | 2010-06-10 10:39 | 読書 | Trackback | Comments(4)

4月に読んだ本



バンコクの情勢は解決に向かっての進展が見えず外出を控える日々。
そろそろストレスが・・・
家に居る時間が長い今月は読書月間!
今月読んだ本は・・・・・・18冊!!


11.【本は10冊同時に読め!】 (成毛眞)
12. 【読書力】 (斎藤孝)
13.【人間の覚悟】 (五木寛之)
14.【化粧する脳】 (茂木健一郎)
15.【国家の品格】 (藤原正彦)
16.【にっぽん入門】 (柴門ふみ)
17.【中原の虹・第一巻】 (浅田次郎)
18.【中原の虹・第二巻】 (浅田次郎)
19.【螺鈿迷宮・上】 (海堂尊)
20.【螺鈿迷宮・下】 (海堂尊)
21.【サンダカン八番娼館】 (山崎朋子)
22.【きらきらひかる】 (江國香織)
23.【蒲生邸事件】 (宮部みゆき)
24.【名もなき毒】 (宮部みゆき)
25.【探偵倶楽部】 (東野圭吾)
26.【片思い】 (東野圭吾)
27.【時生】 (東野圭吾)
28.【希望ケ丘の人びと】 (重松清)


読みだしたら止まらない~という本もたくさんありましたが
今月良かった!のは東野圭吾さんの【時生】と重松清さんの【希望ケ丘の人びと】

【時生】は私が今まで読んだ東野さんの作品のなかでベスト3に入る作品
一気によんでしまいました。
良かった~♪

【希望ケ丘の人びと】・・・好きです♪
思わず笑みがこぼれる場面があったり・・・胸が熱くなる場面があったり・・・
<第6章帰って来たエーちゃん>を読んでいた時には
そこが「スタバ」だということも忘れて声を出して笑ってしまいました。
周りにいたお客さんたちには変な人と思われたかしら?

読書は楽しい~♪
でも・・・外出できないから読書~っていうのはちょっとさびしい。
早くいつものバンコクに戻ってほしいものです。




来週から日本に一時帰国します。
短い一時帰国で予定がびっしりなのですが・・・
1年ぶりの日本を満喫してきます。
では、行ってきま~す♪





参加しています♪ 応援のクリックをポチっとしていただけるとうれしいです♪
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


[PR]
by azu-azumy | 2010-05-01 17:41 | 読書 | Trackback | Comments(6)

1~3月の読書memo

2010年に入ってからの読書memoを書いていませんでした。
もう4月ですが・・・覚書なので1月~3月に読んだ本をUPします♪

2010年1月に読んだ本
1.流星ワゴン (重松清)
2.エイジ (重松清)
3.日曜日の夕刊 (重松清)

2010年2月に読んだ本
4.秘密 (東野圭吾)

2010年3月に読んだ本
5.くちぶえ番長 (重松清)
6.天に響く歌-本田美奈子の人生
7.東京島 (桐野夏生)
8.ぼんくら(上) (宮部みゆき)
9.ぼんくら(下) (宮部みゆき)
10.珍妃の井戸 (浅田次郎)

1月に読んだ本はすべて重松清さんでした^^
2月は1冊だけ。引っ越し準備や後片付けなどで落ち着いて読書タイムをとることができなくて・・・
1~3月に読んだ本では【流星ワゴン】・【秘密】・【くちぶえ番長】・【ぼんくら(上)(下)】が好きかな♪





参加しています♪ 応援のクリックをポチっとしていただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


[PR]
by azu-azumy | 2010-04-26 11:27 | 読書 | Trackback | Comments(10)

夫の本棚から


私の読書・・・かなり偏っていると思います

大好きなミステリーを読む
好きな作家の本を読む
友達や先輩からすすめられた本を読む
TVや雑誌で紹介された本を読む etc.

以前は夫の本棚に並んでいる本にはほとんど興味がなかったのですが
先日たまたま目にとまった成毛眞著【本は10冊同時に読め!】を読みました
今までの私の読書スタイルとはちょっと違う著者の主張
一生のうちに読める本なんて限られているし・・・
ならばこの著者がすすめるような読書スタイルもありかも・・・

この本を読んだ後、夫の本棚への興味が増してきた私
次に読んだのが斎藤孝著【読書力】
私は読書が好きだけど著者の言う『読書力』はない・・・
そんなふうに思ったらここらでちょっと読書スタイルを見直してみる?なんて気持ちに
斎藤孝さんが勧める『新書を50冊読め!』に習ってみようかしら・・・

ということで夫の本棚から【新書】を読んでみました
五木寛之著【人間の覚悟】

茂木健一郎著【化粧する脳】

藤原正彦著【国家の品格】



実は私は『新書アレルギー』でした(笑)
高校時代に夏休みの宿題で『新書』を読んでレポートを書かねばならず
その宿題に悩みに悩んで『新書アレルギー』に
確か・・・
夢診断だったか夢判断だったか・・・
ユングだったかフロイトだったか・・・
本の内容は全く記憶に残っていないのに苦しんだ記憶だけが残っています(笑)
そんなだから当然評価も悪かったはず・・・
でもどんな評価だったかも記憶に残っていなくて・・・
この夏休みの宿題は私にとっていったいなんだったのでしょう~

それ以降は学生時代のレポート作成、仕事上必要なとき以外に新書を選んで読んだことはなかったのですが
今回読んでみて思ったのが『新書ってこんなに読みやすかった?』
私もちょっとは成長したということかしら~(笑)

『読書力』が付くにはまだ時間がかかりそうですが・・・
『食わず嫌い』ならぬ『読まず嫌い』はやめて色々なジャンルの本を読んでみようと思えるように
それだけでもかなりの成長!?って自己満足ですね・・・(笑)






[PR]
by azu-azumy | 2010-04-23 20:49 | 読書 | Trackback | Comments(4)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy