カテゴリ:*2014.01 ミャンマー( 21 )

2014年1月ミャンマー旅行記 ☆ まとめ ☆

夫が行きたいと言い出したミャンマー旅行。
当初、乗り気ではなかった私。
そんな私が紀伊国屋で立ち読みした【死ぬまでに行きたい!世界の絶景】で『バガン遺跡群』に一目ぼれ!
そして実現したミャンマー旅行。
バンコク在住の強みを生かし、2泊3日でヤンゴン・バガンを巡りました。
バガン遺跡群の夕景はしっかり心に焼き付いています。
ほんとに行ってよかった~!!

今回はいつもお世話になっている代理店の方にツアープラン、ビザ代行申請、ガイドさんの手配等の全てをお願いしました。
その分、少し旅行費用が嵩みましたが、おかげで安心して素敵な旅ができたと思っています。




スケジュール

■2014年1月2日 
バンコク・スワンナプーム空港  ミャンマー・ヤンゴン国際空港
(TG303 バンコク08:00発 ヤンゴン08:45)
ヤンゴン市内観光
ミャンマー・ヤンゴン空港→ニャンウー(バガン)空港
(ヘーホー、マンダレー経由)
バガンダンテホテル泊
■2014年1月3日
バガン遺跡観光
バガンダンテホテル泊
■2014年1月4日
ニャンウー(バガン空港)→ヤンゴン国際空港
ヤンゴン市内観光
ミャンマー・ヤンゴン国際空港 → バンコクスワンナプーム空港
(TG306 ヤンゴン19:40発 バンコク21:35着)

旅行記
■準備編
ミャンマーへの道
旅行準備

■1日目
ヤンゴン空港到着
チャウッターヂー・パヤー
ヤンゴンのダウンタウン
Yangon Airwaysでニャンウー(バガン)へ
人形劇を鑑賞しながらの夕食
バガン・タンデ・ホテル・デラックスリバービュールーム

■2日目
バガンの市場
バガン遺跡群① シュエズィーゴォン・パヤー&ティーローミィンロー寺院
バガン遺跡群② アーナンダ寺院
バガン遺跡群③ タラバー門・ダビィニュ寺院 他
バガン遺跡群④ シュエグーヂー寺院からの景色
バガン遺跡群⑤ 昼間のバガンの風景
バガン遺跡群⑦ 死ぬまでに行きたいバガンの絶景!
川沿いレストランでのランチ、そしてディナー

■3日目
バガンからヤンゴンへ  シュエダゴォン・パヤー
【夏宮】 スーレーシャングリ・ラ ヤンゴン
ヤンゴンの港&湖
ヤンゴン空港ラウンジ




[PR]
by azu-azumy | 2014-09-15 16:13 | *2014.01 ミャンマー | Trackback | Comments(2)

ミャンマー旅行記 <その21> ヤンゴン空港ラウンジ

ヤンゴン空港、国際線出発ターミナルはとても綺麗でした。
3日間お世話になったガイドさんともお別れ。
今回のガイドさんは本当に優秀な方で、おかげで楽しい旅行になりました。

ラウンジもきれいでしたし、空いていたので、搭乗までの時間をゆっくり過ごせました



a0114521_17592282.jpg

a0114521_17593652.jpg

a0114521_17595323.jpg



[PR]
by azu-azumy | 2014-09-15 14:05 | *2014.01 ミャンマー | Trackback | Comments(0)

ミャンマー旅行記<その20> ヤンゴンの港&湖


年始のミャンマー旅行、夫は仕事上の視察を兼ねておりました。
なので、最終日のヤンゴン、午後からはそちらをメインに。
私はボ~っとついて行っただけですが~(笑)。

ヤンゴンの港。
なんか私のイメージする港とは様子が違う…


a0114521_17532677.jpg
a0114521_17561902.jpg
a0114521_17565889.jpg
a0114521_17572092.jpg

夫がガイドさんと話し込んでいる間、私はその辺で写真を撮ったり、日陰で休んだり。


a0114521_17574525.jpg
a0114521_17580123.jpg
a0114521_17581461.jpg

一通り、夫の仕事も終わったところで少し休憩。
飛行場に向かうまでまだ少し時間がありましたので、湖の湖畔でお茶をいただきました。
a0114521_17583357.jpg

a0114521_17584444.jpg
a0114521_13575206.jpg

夕方になるとこんな屋台がたくさん出ていました。
日本のおでんのような感じ?
屋台のまわりに椅子を並べてこのおでんのような物をいただいている人たちがたくさん。

最終日、ヤンゴンを満喫してそろそろ空港へ。





[PR]
by azu-azumy | 2014-09-15 13:59 | *2014.01 ミャンマー | Trackback | Comments(2)

ミャンマー旅行記<その19> 【夏宮】 スーレーシャングリ・ラ ヤンゴン

a0114521_16465986.jpg
ヤンゴンでの昼食は「スーレーシャングリ・ラ ヤンゴン」へ。
今回の宿泊はバガンのみでしたが、ヤンゴンで宿泊するならここが良いなぁ~と思っていたホテル。


a0114521_16464727.jpg
ガイドさんがミャンマーでの最後の食事に選んでくれたのは【サマーパレス】での飲茶でした。
「そろそろビルマ料理は飽きたでしょ~」とのことで(笑)。


a0114521_16445934.jpg
さすがシャングリ・ラ。
店内はとても静かで落ち着きました。
飲茶はメニューから選びます。
スタッフにおススメを聞いてオーダーしました。
美味しい飲茶をゆっくりいただきました。


a0114521_16450915.jpg
a0114521_16451913.jpg

a0114521_16453372.jpg
a0114521_16454259.jpg
a0114521_16455573.jpg



[PR]
by azu-azumy | 2014-09-09 18:03 | *2014.01 ミャンマー | Trackback | Comments(0)

ミャンマー旅行記<その18> ヤンゴンへ 【シュエダゴォン・パヤー】

2014年年始のミャンマー旅行。
旅行記を途中で放置したまま4か月もたってしまいました(汗)。
残すは最終日のヤンゴンです。

3日目はバガンからヤンゴンへ移動です。
往路ヤンゴンからバガンへは「Yangon Airways」を利用しましたが、復路は「Asian Wings」でした。
チェックインを済ませてくれたガイドさんから「Yangon Airwaysはヘーホー経由になったようです。ラッキーでした」と。
チェックインカウンターで、他に日本人ご夫婦が二組いらっしゃいました。
経由便になったことを説明されているようでしたが、通じていない様子に私たちのガイドさんが助け船を!


a0114521_15423664.jpg
「Asian Wings」のシールを胸に貼って。



a0114521_15512752.jpg
a0114521_15521442.jpg
a0114521_15522263.jpg
飛行機が小さい~!!
そして、やっぱり満席でした。


a0114521_15561704.jpg
ヤンゴン到着後、「シュエダゴォン・パヤー」へ。
入館証はやっぱりシールです^^


a0114521_16123706.jpg
黄金に輝く巨大な仏塔~!青空の下でまぶしい!
日中の気温は30℃超、裸足で歩くと暑い!




a0114521_16271098.jpg
a0114521_16312569.jpg
a0114521_16305811.jpg
a0114521_16310958.jpg
a0114521_16314069.jpg
a0114521_16272349.jpg
a0114521_16314917.jpg
a0114521_16315889.jpg
a0114521_16291818.jpg
a0114521_16320925.jpg
a0114521_16321896.jpg
a0114521_16291818.jpg
a0114521_16272349.jpg
a0114521_16293431.jpg
a0114521_16295004.jpg
a0114521_16300211.jpg
a0114521_16413331.jpg

休日のこの日、シュエダゴォン・パヤーは地元の人々でいっぱい。
敷地は広いし、暑いし…、途中でバテバテでした。



[PR]
by azu-azumy | 2014-09-08 16:28 | *2014.01 ミャンマー | Trackback | Comments(0)

ミャンマー旅行記<その17> 川沿いレストランでのランチ、そしてディナー

a0114521_12295912.jpg

a0114521_1232197.jpg

バガンでのランチは川沿いのレストラン【サンセットガーデン】で。
お昼少し前でしたので、お客さんはちらほらだったのですが、その後、続々と観光客の方がいらっしゃいました。
欧米人のツアーも多数。


a0114521_12342679.jpg
a0114521_1235999.jpg

心地よい風を感じながら、ミャンマービールをいただきます!!


a0114521_12355335.jpg
a0114521_1235371.jpg
a0114521_12361865.jpg
a0114521_12361459.jpg
a0114521_12363590.jpg
a0114521_12373829.jpg


旅行前はあまり期待していなかったビルマ料理(ごめんなさい!)でしたが・・・
美味しかったです♪

少し前になりますが、大阪のローカル番組「今ちゃんの実は!」を見ていたら、「第2回カレー世界大会」のコーナーがあり、ネパール、ミャンマー、パキスタンのカレー対決が放映されていました。
1位に輝いたのはミャンマーのカレーでしたが、納得!
ミャンマーのカレー、ほんとに美味しかったのです♪♪
ちなみに「第1回カレー世界大会」で1位になったのはスリランカのカレーだったとか。


a0114521_19301897.jpg
a0114521_19305347.jpg

バガンでのディナーは洋食でしたが・・・、ここのお味はイマイチでした。
暗くて写真もイマイチ・・・(笑)。
[PR]
by azu-azumy | 2014-04-21 12:44 | *2014.01 ミャンマー | Trackback | Comments(6)

ミャンマー旅行記<その16>  死ぬまでに行きたいバガンの絶景!

ミャンマー旅行のメインイベント。
あの【死ぬまでに行きたい!世界の絶景】で一目ぼれした『バガン遺跡群の夕景を臨む!』

午前中の遺跡巡りで正直、かなり疲れていました。
もう遺跡は十分…、なんて思ったり(笑)。

a0114521_18273863.jpg

あの夕景はここ【シュエサンド・パヤー】に登って見ます。
細くて急な階段を手すりにつかまっりながらゆっくり登ります。
たくさんの観光客が集まってきますので、早めに登って場
所取りをしなければなりません。
一番上は既に人でいっぱいになっていましたので、上から2番目で場所を確保。


a0114521_18275824.jpg
a0114521_1829834.jpg

日が暮れるのを待ちます。
昼間とは違う太陽を浴びたバガンも素敵でした。


a0114521_18293223.jpg
a0114521_1830473.jpg
a0114521_18293895.jpg

そろそろ日が暮れてきます。
観光バスや車が続々と・・・。


陽が沈み始めます・・・

a0114521_18521592.jpg
a0114521_18525385.jpg
a0114521_18531031.jpg
a0114521_18525813.jpg
a0114521_18535350.jpg
a0114521_18544667.jpg
a0114521_1855129.jpg
a0114521_18554559.jpg
a0114521_1856473.jpg

時間ともに景色を変えるバガン。
この絶景を観るためにここに来た!
あぁ~!!来てよかった!!心の底からそう思いました。


a0114521_18592637.jpg
a0114521_18593287.jpg

バガン遺跡群の見納めは【ダマヤンジー寺院】。
[PR]
by azu-azumy | 2014-04-08 18:57 | *2014.01 ミャンマー | Trackback | Comments(6)

ミャンマー旅行記 <その14> バガン遺跡群⑤ 昼間のバガンの風景

a0114521_15491173.jpg
3000を超えると言われている仏塔・寺院。
有名なところから、名もない小さな仏塔まで、様々です。

a0114521_15481690.jpg
a0114521_15504169.jpg
ガイドさんが、時々、車を止めてくれますので、車を降りて写真を撮ります。



a0114521_15535794.jpg
風雨にさらされていますので、損傷が激しい仏塔や寺院もあります。
そんな中、比較的きれいに修復されているものがありました。
それぞれの仏塔の前に修復者の氏名を書いたものが建てられています。




a0114521_1554974.jpg
こちらには日本人の方々のお名前があり、驚きました。
ガイドさんによると、修復したい人がお金を出して修復したいようにするのだとか。
バガンがなぜ世界遺産に登録されないのだろうと不思議に思ったのですが、このことも大きく関わっているそうです。
世界遺産に登録すると保護・修復には「真症性」が条件となるそうです。
が、バガン遺跡群はミャンマーの人々にとっては生活の場所であり、心のよりどころです。
これまでその修復にはミャンマーの人々自らが自らの方法で関わってきました。
そのスタイルを変えることは難しいことだと言われていました。
確かに、世界遺産に登録されると良いこともあるでしょう。
それと同時に、手放さなければならないこと、我慢しなければならないこともでてくるのでしょうね。
難しいですね…。




a0114521_15475682.jpg
a0114521_1547506.jpg
a0114521_1549125.jpg
こんな風景を見ると、ミャンマーの人たちはバガン遺跡群の中で生活しているんだ!と実感します。


a0114521_15503050.jpg
a0114521_15532954.jpg
a0114521_15541131.jpg
馬車で遺跡群をまわることができます。
[PR]
by azu-azumy | 2014-04-04 11:20 | *2014.01 ミャンマー | Trackback | Comments(8)

ミャンマー旅行記 <その13> バガン遺跡群④ シュエグーヂー寺院からの景色

一般的に「バガン」と呼ばれのは「オールドバガン」の街。
かつては地元の人々もココで暮らしていたそう。
それが、バガンが観光地化されたことにより、人々はこの町から離れ、「ニューバガン」という街ができたそうです。

そんな「バガン」は世界三大仏教遺跡のひとつ。
ちなみにあと2つはカンボジアのアンコールワットと、インドネシアのボルブドゥール。

バガン遺跡群は、大小様々な仏塔が点在しており、その数、3000を超えるとも言われています。
ガイドさんおススメの寺院をまわった後、昼間のバガンの景色を眺めるために、シュエグーヂー寺院へ。


a0114521_15454568.jpg
a0114521_15465287.jpg
a0114521_15471416.jpg
a0114521_15463929.jpg


「地球の歩き方」には仏塔や寺院をもれなく見て回るための「バガン見どころカタログ」なるものが掲載されています。
チェック欄が設けられているので、見学した寺院に✔できるようになっています。
私が写真を撮っていましたので、夫がこの✔担当。 夫は✔したあと、見た順番に①、②と番号をふっていたのですが…

a0114521_16193455.jpg

旅行を終え、写真の整理をしようとして大問題発生!
夫は見学順に番号をふっていたいたはずなのに、なんと番号は②で終わっていました。
その後は✔のみに!
②までって…。ほとんど役に立ちません(涙)。
それでも「地球の歩き方」の写真と私の写真を比べれば、寺院名を割り出すのはそう難しいことではないと思っていたのですが…
ここでも問題発生!!
専用車で見学をしましたので、駐車場からすぐに仏塔や寺院の中に入っていました。
そのため、私の写真は仏塔や寺院の全景を撮ったものが極端に少ない。
そして、地球の歩き方には内部の写真はほとんど載っていない。
それがミャンマー旅行記のUPにこんなにも時間がかかってしまった理由のひとつでもあります(汗)。

これから遺跡などの見学をするときは、このことを教訓にしなければ~!!


[PR]
by azu-azumy | 2014-04-03 21:46 | *2014.01 ミャンマー | Trackback | Comments(2)

ミャンマー旅行記<その12> バガン遺跡群③ タラバー門・ダビィニュ寺院 他

a0114521_10410975.jpg
【タラバー門】 9世紀に築かれた城壁。

a0114521_10412928.jpg
a0114521_10415664.jpg
階段を上ると窪みの中にバガンの守護神である精霊が祀られています。

a0114521_10420702.jpg
【ダビィニュ寺院】 1144年に建てられた寺院。 高さ65mはバガンで最も高い寺院。

a0114521_10421888.jpg
【マハーボディー・パヤー】 1215年に建てられた寺院で、この仏塔はバガンでも珍しいスタイルだそう。

a0114521_10424781.jpg
【ブー・パヤー】 エーヤワディー川沿いに建てられた円筒形の小さな仏塔。
7~8世紀に建てられたと言われているが、1975年の地震でエーヤワディー川に流されてしまい、現在の仏塔は完全修復されてたもの。

a0114521_10440593.jpg
【スラマニ寺院】


朝はかなり冷え込んでいたのに、遺跡巡りをしているうちにどんどん気温は上がり、とっても暑い!
最近、体力・気力共に衰えが顕著な夫婦には、この遺跡巡りがだんだんきつくなってくる(汗)。
ガイドさんは「お寺はたくさんあるのですべてをまわることはできませんので、行きたいところがあれば言ってください」とおっしゃるけれど…
「ガイドさんがおススメの所で結構です」と滅茶苦茶消極的な返事をする夫婦。
どの寺院もだんだん同じように見えてくる。
なんて贅沢な~!!
でも、これって、カンボジアに行ったときにも感じたことです…(笑)。




[PR]
by azu-azumy | 2014-03-29 11:32 | *2014.01 ミャンマー | Trackback | Comments(0)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy
プロフィールを見る
画像一覧