<   2013年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2013年1月に読んだ本

毎年思うことだけど、1月はほんとにあっという間・・・
ものすごいスピードで時間が過ぎていく・・・

そんな2013年1月の読書memo。
1月はなんと14冊も読みました!
ものすごく読書熱が上がっていて、暇さえあれば、と言うよりも、読書をするために時間を作ったという感じ。
とにかく本が読みたくて、読みたくて!この感じ、久々です。
好みの本にたくさん出会えたというのも読書熱を上昇させた理由だと思います。

では、1月に読んだ本のラインナップから。



azumyの本棚 - 2013年01月 (14作品)
犯意 (新潮文庫)
乃南アサ
読了日:01月16日
{book['rank']

夜の光
坂木司
読了日:01月21日
{book['rank']

powered by booklog



☆☆☆☆☆(5つ)をつけた本はありませんでしたが、☆☆☆☆(4つ)を付けたのは7冊。
【ルパンの消息】 横山秀夫著
横山さんも好きな作家さんの一人で、既に11冊読んでいますが、12冊目にしてデビュー作「ルパンの消息」を読みました。
三億円事件と女性教師殺人事件。
既に時効を迎えた三億円事件。
女性教師殺人事件の時効まであと1日。
この二つの事件のつながり・・・
緊迫した時間のなかで暴かれる真実。
わくわくしながら一気に読みました。

【八朔の雪】・【花散らしの雨】 髙田郁著
髙田郁さんの「みをつくし料理帖シリーズ」はずっと読んでみたいと思っていた本。
今月、このシーリーズを2冊読んだのですが、実は最初に読んだのがシリーズ2作目の「花散らしの雨」です。
時代小説なのですが、澪の作る料理の美味しそうなことと言ったら・・・
「花散らしの雨」に出てくるお料理はほろにが蕗ご飯、こぼれ梅、なめらか葛饅頭、忍び瓜。
お料理を題材にしたお話はどれもゆるやかに心にしみてきます。
すっかりファンになり、「八朔の雪」をゲットしました。
澪の運命・・・、幼なじみの野江の運命・・・
雲外蒼天の運命・・・、旭日昇天の運命・・・
時々、心がふるえます。
江戸と上方の料理の違いももとても興味深いです。
シリーズはまだまだ続きます。これからも楽しみです。

【モーニング mourning】 小路幸也著
小路幸也さんの本は6冊目ですが、過去の5冊はすべて「東京バンドワゴン」シリーズ。
このシリーズが大好きで小路幸也さんファンになった私。
「東京バンドワゴン」以外の本に初めて手をだしました。
が~!!良いです!この本。
学生時代の4年間を一つ屋根の下で暮らした5人。
そんな彼らが20数年ぶりに集まったのは仲間の一人、真吾の葬儀のため。
葬儀を終えたダイ、淳平、ヒトシ、ワリョウのはレンタカーでロングドライブに出る。
そこで語られる5人の大切な4年間。
甘く酸っぱい、そして切ない思い出。
小路幸也さん、ますます好きになりました。

【歪笑小説】 東野圭吾著
作家と出版社。
絶対、知ることのない世界。
文庫本の帯には「出版業界の内幕を暴露する連続ドラマ」と書かれていますが・・・
ちょっと笑えます。
この笑は東野圭吾さんには「歪」なんですね。
「黒」は既読なので、あとは「怪」と「毒」です。
読むのが楽しみ。

【あの歌がきこえる】 重松清著
重松清さんとは同世代。
この本に出てくる歌は私にとっても「わたしの~青春~、そのもの~♪」と歌で答えたくなってしまう。
ふと思う。
重松清さんのファンって、男性と女性、どちらが多いのだろう・・・

【夜の光】 坂木司著
坂木司さんのライトミステリー。
ジョー、ギィ、ブッチ、ゲージの4人は天文部の仲間。
彼らは自分たちのことをスパイと呼ぶ。
着かず離れず、心地よい距離感を保ちつつ、深い部分でつながっている4人。
それぞれに悩みを抱える彼ら。
でも、決して逃げない。
その悩みを自分に課せられたミッションだと思い、自分の足で歩こうとする。
坂木さん自身、あとがきのような献辞で書かれています。
「星のようにあってほしい人がいます。常に変わらず輝き、不安になったり迷ったとき、見上げればただそこにいる。近づくことはないけれど、遠ざかることも決してない。
求めるのは、星の距離感。」
星の距離感で結ばれた仲間がいるって幸せなことだと思う。
すぐ隣にはいなくても、「いる」という事実だけで力が湧いてくる。
そして、仲間の放つ小さな星の光は道しるべ。
道に迷うことなく歩いて行けるだろう・・・
坂木司さん、好きだなぁ・・・

☆☆☆(3つ)をつけたのも7冊
【ほろにがいカラダ 桜ハウス】 藤堂志津子著
「桜ハウス」シリーズ第3弾。
第2弾を読まずに第3弾を読んだのですが、第2弾では大きな事件が発生していたのですね…
「ほろにがい…」では蝶子さんは50歳に。
解説の吉田伸子さんはもしこのシリーズをドラマ化するならとキャステイングされています。
蝶子を高畑淳子さん、遠望子を西田尚美さん、綾音を緒川たまきさん、真咲を深津絵里さん、そして野利子を加賀まりこさん。
西田尚美さん、緒川たまきさん、加賀まりこさんのキャスティングは私も賛成~!
でも、蝶子は高畑さんはちょっと違うなぁ・・・、私なら黒木瞳さんかな。
深津絵里さんは大好きだけど、真咲には菅野美穂さんかな~。
と、勝手なことを・・・

【犯人に告ぐ】 上・下 雫井脩介
雫井脩介さんの本は初めて読みました。
警察小説です。
6年前の誘拐事件が未解決のまま、6年後に起こる連続誘拐事件。
劇場型捜査と言われるTV放送を使って犯人を追いつめる。
今までにない設定にドキドキ。

【犯意】 乃南アサ著
ミステリー作家と法律家のコラボというこの本。
12の短編の後に、その作品で描かれた犯罪の法的解釈が付いているのですが・・・
個人的にはいらないのでは?と思いました。
逆に言うと、法律で説明できるように書かれているような気さえして・・・
乃南アサさんは好きな作家さんの一人ですが、なんとなく物足りなさを感じました。

【きみはポラリス】 三浦しをん著
さまざまな愛の形を描いた短編集。
三浦しをんさんの本は「風が強く吹いている」が大好き(ちなみに☆☆☆☆☆5つをつけています)なのですが
これ以後、☆☆☆☆(4つ)をつける本には出会えていません。

【てふてふ荘へようこそ】 乾ルカ著
美声の持ち主の大家さんが管理する「てふてふ荘」
玄関・トイレ・風呂が共同のこのアパートには1号室から6号室までの6つの部屋。
保証人無し、敷金・礼金無し、最初の1か月は家賃無し。
無し無し尽くしのこのアパートには他のアパートには絶対無いものがある。
それが地縛霊。
6人の住人と6人(?)の地縛霊と大家さん。
1号室から順番に住人と地縛霊のお話が続いていく。
最初はちょっと退屈だったのだけど、3号室の話からちょっと興味をそそられ・・・
一番好きだったのは5号室の話。
2012年10月にはNHKでドラマ化されたのですね。
ちょっと見てみたい。

【レインレイン・ボウ】 加納朋子著
加納朋子さんは読んでみたいと思っていた作家さんのひとり。
「レインレイン・ボウ」で加納朋子デビューです。
高校のソフトボール部仲間の一人が亡くなった。
お通夜で久々に再開したメンバーたち。
それぞれの生き方。それぞれの思い。
ミステリーのエッセンスも加わった加納朋子ワールド。


充実していた1月の読書。
まだまだ読書熱は高いままなので、この調子で2月も読めるといいのですが・・・




ブクログ

[PR]
by azu-azumy | 2013-01-31 18:26 | 読書 | Trackback | Comments(6)

かわいいデザイン~♪

a0114521_22114869.jpg


今日の課題

とってもかわいいデザインです

下には透かし彫り

このデザインかなりツボです^^



[PR]
by azu-azumy | 2013-01-31 00:01 | ソープカービング | Trackback | Comments(6)

週末ランチ @ 丸亀製麺

a0114521_9235411.jpg
週末ランチに出かけたのは【丸亀製麺】
スクンビット・ソイ47の「レインヒルズ」に入っているこちらのお店には初めて出かけました。
オープン当初は行列ができていたので、ずっと避けていたのですが、すっかり落ち着いているようです(笑)


a0114521_924441.jpg
a0114521_9241426.jpg
a0114521_9242313.jpg


a0114521_9244230.jpg
夫は「温かけ」のレギュラーサイズとかきあげ。


a0114521_9245029.jpg
私は「冷ぶっかけ」の小と鶏の天ぷら、さつまいもの天ぷら。


ささっと済ませたいお昼にはぴったりの丸亀製麺です。
[PR]
by azu-azumy | 2013-01-30 19:48 | レストラン(和食) | Trackback | Comments(2)

いただきもの @ GODIVA

先週から曇り空の日が多く、日中は蒸し暑い日が続いています。
それでも朝は少し気温が下がるので、今日は大丈夫かしら~と、長袖で出かけると大変です。

夜中にに季節外れの雷雨。ビックリして目が覚めました。
朝には雨も上がっていたのでシーロムまで出かけましたが・・・
午後、シーロムはまさかの大雨。
私は晴雨兼用の日傘でしのぎましたが、乾季のこの時期、タイ人の多くは傘を持たないようで、レジ袋をかぶっている人やら、あきらめて濡れている人やら・・・
あと1月。乾季らしい天候が続いてくれることを祈るばかりです。
その後は、酷暑の暑気がやってくるのですから・・・


a0114521_20482766.jpg
すっきりしないお天気に気分も滅入りがちですが、こんなうれしいものをいただきました。
「GODIVA」のチョコレート。
し・あ・わ・せ~♪♪
[PR]
by azu-azumy | 2013-01-28 20:59 | Present | Trackback | Comments(6)
a0114521_20512513.jpg

行きたいお店、食べたいものはたくさんあるけれど、3日間のShort Trip。
ランチに選んだのは【gold fish】
観光客にも地元の人にも人気のレストラン。


a0114521_20515119.jpg

大晦日のこの日。
12時過ぎにお店に入ると、他にお客さんは4組。すべて日本人でした。


a0114521_2052057.jpg
a0114521_20523783.jpg

店内はそう広くありませんが、きれいです。
壁には昔のベトナムの風景。


a0114521_20521725.jpg
天井のランプは鳥かごをアレンジしたものだそう。


a0114521_20524371.jpg
お皿にはゴールド・フィッシュ。
テーブルクロスにもゴールド・フィッシュが刺繍されていたのですが、食器の下で見えません(汗)。



a0114521_2053375.jpg
遅い朝ごはんに加え、カフェで休憩したばかり。
あまりお腹はすいていませんでしたが、ディナーのことを考えて、軽くいただくことに。
夫がホーチミンで食べたい!と言っていた「バインミー」


a0114521_20531156.jpg
私が食べたい!と言っていたバインセオ。
ベトナム風お好み焼きと言われていますが、こちらは全体を油で揚げてあります。
お店の方が切り分けてくださいます。


a0114521_20533034.jpg
野菜とタレが一緒についてきます。


a0114521_20534584.jpg
お店の方が食べ方を教えてくれました。
野菜でバインセオを包んで、タレをつけていただきます。
バインセオは油で揚げてあるのでサクサクですが、ちょっと油っぽい。
それを野菜で包んでいただくとさっぱり。
そしてこのタレが美味しい。
でも、量が多くて、二人では完食できませんでした(涙)。
[PR]
by azu-azumy | 2013-01-25 00:01 | *2012.12 ホーチミン | Trackback | Comments(2)
ホーチミンの街をのんびり散策。
バンコクと比べて涼しいとはいえ、やっぱり暑い。
すぐに休憩したくなります(笑)

近場でどこかないかしら?とホテルでいただいたMAPを見ていると
「ホーチミン一 おしゃれなカフェ」と書いてあるカフェがあるではありませんか?!
じゃぁ、ここにしよう!と選んだカフェが 【La Fenetre Soleil】


a0114521_8555443.jpg

気を付けていないと通り過ぎてしまいそう。
想像していたお店と違ったので、正直、大丈夫かしら・・・と思ったりしましたが、まぁMAPに載ってることだし。
と言うよりも何よりも、とにかく休憩したかった(笑)


a0114521_8571115.jpg
階段を上がるとガラスの扉。
ちょっとほっとして中へ。


a0114521_901464.jpg
店内には2組のお客さんがいらっしゃいました。
明るい窓際の席へ。


a0114521_911267.jpg
窓からの景色。


a0114521_915172.jpg
アイスラテをいただきました。


a0114521_8583693.jpg
こちらのお店、おしゃれと言えば言えなくもないけれど・・・
好みの分かれるところだと思います。
きれい(清潔)というイメージはちょっとなく、個人的にはあまり・・・

でも、涼しい店内で喉を潤すことができました。
ココを出たあと、もう少し街歩き。そして、ランチです
[PR]
by azu-azumy | 2013-01-24 09:07 | *2012.12 ホーチミン | Trackback | Comments(2)

愛がふかい・・・

a0114521_975955.jpg


今日の課題
4つの大きなハート
そのなかにハートをふたつ
いつもよりハートは深く彫りこんでいます
中心部も深く彫りこんで
バラの花
可愛いデザインです

[PR]
by azu-azumy | 2013-01-23 09:17 | ソープカービング | Trackback | Comments(4)
遅めの朝食を取ったあと、ドンコイ通りをぶらぶら~。

a0114521_20343453.jpg
a0114521_20344294.jpg
a0114521_20345462.jpg
最初に訪れたのは【市民劇場】
バロック様式のオペラハウスです。
中に入ることはできませんが、正面では結婚写真の撮影が行われていました。

人がいなくなるのを待って写真を撮ろうと思っていたら、バイクの脇に立ったおじさんがしきりに「写真を撮ってあげる」と言ってきます。
あまりの愛想の良さにちょっと信用できず・・・
カメラを渡して撮ってもらう際にもちょっと気を遣います。


a0114521_2035642.jpg
a0114521_20351786.jpg
サイゴン大教会(聖母マリア教会)と聖母マリア像。
ゴシック様式の教会で19世紀末に建てられたそうです。


a0114521_20353058.jpg
アーチ形の天井。
奥行きは100m近くあるそうですが、観光客は奥まで入ることができません。


a0114521_2035462.jpg
a0114521_20355642.jpg
a0114521_2036733.jpg
ステンドグラスも美しい。


a0114521_20362650.jpg
a0114521_20364030.jpg
こちらは【中央郵便局】


a0114521_20365297.jpg
中に入るとアーチ形の高い天井。正面にはホーチミンの肖像画。


a0114521_2037025.jpg
1892年当時のサイゴンの地図。時計の下は電話ボックス。
大晦日のこの日、郵便局内は観光客でいっぱい。
あっちからもこっちからも日本語が聞こえて来て、ちょっとビックリしました。
年末年始、日本からの観光客の方も多かったのですね!


a0114521_20372168.jpg
a0114521_20373012.jpg
【ホーチミン市人民委員会】
1908年建造のフランス風建築。内に入ることはできません。


a0114521_20374866.jpg
a0114521_20375655.jpg
夕方、サイゴン川へのほとりへ。
この船でディナークルーズが楽しめるようです。
タイのチャオプラヤー川はミルクティー色。
この言い方が気に入っています(笑)。
決して美しいとは言えませんが、サイゴン川も・・・
それでも川のほとりは風が感じられてほっとします。


19世紀フランス統治時代の香りが残るドンコイ通り。
シェラトン・サイゴンからは徒歩圏内。
初めてのホーチミン旅行。立地の良さでこのホテルを選んだのですが大正解。
の~んびり&マイペースで街歩きを楽しみました。

でも、バンコクより涼しいとはいえ、やっぱり暑い。
休憩&ランチ、そしてまた休憩。
気の向くままに歩いたり、休んだり。そんなわがまま旅が私たち夫婦には何よりです。
[PR]
by azu-azumy | 2013-01-22 09:43 | *2012.12 ホーチミン | Trackback | Comments(4)
ぐっすり眠った2日目の朝はAM7:00起床。
夫によると私はPM9:00過ぎには眠っていたらしい(記憶にありませんが・・・)。
なので、10時間も眠っていたことに・・・(笑)

夫はまだぐっすり眠っておりましたのでバスタブにお湯をはってリラックスタイム。
TVを見ながらのんびり。至福のひと時です。

夫もようやく起きだしたのでいざ朝食へ!
朝食はクラブラウンジ、サイゴンカフェのどちらかでいただけますので、初日はクラブラウンジへ。


a0114521_9432286.jpg
前日には気が付きませんでしたが、クラブラウンジは東向きのようで、燦々と太陽が降り注いでいます。
全面ガラスなので、陽の光が直接あたります。
上部には日よけがあるのですが、ほとんど意味をなさず・・・

私たちがラウンジに行った時には席は半分ぐらい埋まっていたでしょうか。
幸い、陽のあたらない席が残っていたのでそちらの席に着きましたが、それ以後にラウンジにいらした方は陽の当たる席へ。
心地よい日差しというものならいざ知らず、ベトナムの暑い日差し。
日よけは必要だと思うのですが・・・


a0114521_9434511.jpg
a0114521_9435472.jpg
ビュッフェのお料理は品数が少ない。
特にフルーツが少ない。
東南アジアの国では朝食のフルーツはたっぷりの所が多いのに・・・


a0114521_944628.jpg
卵料理やフォーはオーダーです。
オムレツをお願いしましたがお味の方は・・・、普通です。
夫はコーヒー、私は紅茶をお願いしたのですが、紅茶が薄い!
ポットに入った紅茶を持ってきてくださるのですが、一人分なのにポットはとっても大きい。
でも、中にはティーバックがひとつだけ。薄いはずです。

わが家のホテル選びでは朝食はかなり重要なポイント。
こちらのラウンジの朝食はちょっと残念でした・・・
[PR]
by azu-azumy | 2013-01-21 10:14 | *2012.12 ホーチミン | Trackback | Comments(2)
a0114521_17235439.jpg
週末ランチに出かけたのはゲートウェイ・エカマイにある【the UCC Oriental】


a0114521_17264961.jpg
a0114521_1727239.jpg
夫がいただいたのは「ミックスフライセット」。サラダとスープがつきます。
コロッケかと思ったものがサーモンフライで・・・、タルタルソースはマヨネーズのようで・・・
ちょっと残念だったようです。


a0114521_17284359.jpg
私はチキンドリアを。
日本の喫茶店でいただくドリアのような感じでした。


a0114521_1729173.jpg
ランチセットには飲み物はついていません。
食事中はお水をいただいて、食後に夫はコーヒー、私はカフェラテを。
コーヒーはやっぱり美味しいです♪
[PR]
by azu-azumy | 2013-01-20 17:31 | Cafe | Trackback | Comments(2)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy