<   2013年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

バリ島旅行記 - キングコール・バー -

アフタヌーンティーをいただいたので、夜になってもお腹がすきません(笑)。
と言うわけで、pm8時前にキングコール・バーへ。
そう言えば、昨年も1日目はキングコールバーでした→

昨年は4月だったのでアウトサイドの席がとても心地よかったのですが、今回はとても風が強い。
なのでインサイドの席に案内していただきました。


a0114521_1950132.jpg
夫はコロナビール、私はモスコミュールを。


a0114521_19512016.jpg
夫の2杯目はジントニック。


a0114521_19511952.jpg
私の2杯目。パイナップルジュースベースのカクテル。


a0114521_19521726.jpg
ついつい手が出てしまって・・・
スタッフがおかわりを持ってきてくれました(笑)
「やっぱりちょっとおなかも空いたねぇ・・・」とピザ・マルガリータもいただきました。


a0114521_19535051.jpg
この時間帯、私たちの他にゲストはアウトサイドに1組だけ。
とても美しく素敵な歌声のこちらの方。私たちの席の近くで歌ってくださったので、なんだか私たちだけのために歌ってくださったようで・・・
3時間で3ステージだったようですが、その間ずっとキングコールバーに居た私たち。
「リクエストはありますか?」と何度も言っていただいて、ステージの間にはお話を楽しんだり。
贅沢な時間でした♪♪

往路の飛行機の中で「プラダを着た悪魔」を見ました。
この映画では、セントレジス・ニューヨークのキングコールバーでのシーンがありましたよね~^^
そのせいかちょっと気分も盛り上がりました。
単純&ミーハーな私・・・(笑)
[PR]
by azu-azumy | 2013-07-31 19:59 | *2013.07 バリ島 | Trackback | Comments(0)

バリ島旅行記 - アフタヌーンティー -

昨年、時間切れであきらめたことのひとつ。
キングコール・バーのアフタヌーンティー。

チェックインを済ませ、お部屋でちょっと寛いだらpm3:30。
アフタヌーンティーはpm3:00からなので、さっそくアフタヌーンティーをいただくことにしました。

a0114521_9315864.jpg
私たちの他にゲストは3組いらっしゃるだけでした。


a0114521_9332043.jpg
a0114521_9333092.jpg
a0114521_9334525.jpg
あら?!思いのほか、こじんまりとしているのね・・・
なんて思っていたのですが、大きな間違いでした~(笑)


a0114521_9343112.jpg
できたての物を持ってスタッフがテーブルをまわってくれます。
まずはバナナスムージー。このスムージー、とっても美味しかった!!
あまりに美味しくてすぐに飲み干してしまったらスタッフがあわててやって来て「もう一杯いかが?」って^^
スムージーばかり飲んでいたら他の物がいただけませんから~(笑)


a0114521_9365477.jpg
a0114521_9371341.jpg
サンドイッチはこのあと他の種類も持ってきてくださいました。
他にも色々なお料理を持ってきてくださったのですが・・・、全部いただいていたら大変なことになります(笑)


a0114521_9402783.jpg
a0114521_9404341.jpg
a0114521_9404879.jpg
a0114521_9411489.jpg
ケーキ類はこちらのビュッフェコーナーで。アイスクリームコーナーもあったのですが、写真を撮り忘れました。


a0114521_9423817.jpg
ロブスターパイ。


a0114521_9422571.jpg
こちらのビーフはとっても柔らかく美味しかったです。


a0114521_9434465.jpg



キングコール・バーでのアフタヌーンティー。
美味しく&楽しい時間になりました。
[PR]
by azu-azumy | 2013-07-30 09:45 | *2013.07 バリ島 | Trackback | Comments(2)

サクリファイス

サクリファイス (新潮文庫)



近藤史恵さんの本は4冊目です。
これまで読んだ「タルト・タタンの夢」・「ヴァン・ショーをあなたに」・「ふたつめの月」はライトミステリー。
中でもグルメ・ミステリーの「タルト・タタンの夢」と「ブァン・ショーをあなたに」は私好みで近藤史恵さんのファンになりました。

が・・・
「サクリファイス」はロードレースがテーマだと知り、尻込みしていました。
全く知らない世界。
そして全く興味のない世界。

好きな作家さんの本だとしてもその世界に入り込めるだろうか・・・
かなりの間、躊躇していたのですが、それでも手を出さずにはいられない何かを感じつつ読み始めたら・・・
どっぷりはまっていました(笑)
もうすこしで「食わず嫌い」ならぬ「読まず嫌い」に陥るところでした。

サクリファイスってどういう意味だろうと思って調べてみると「神にささげる生贄」や「犠牲」。
摩訶不思議なルールとナイト精神が混在するロードレースの世界。
日本ではマイナーなスポーツだし、私自身、見たことがありません。
未だ、半分もそのルールを理解していませんが、ちょっとぞくぞくするスピード感が心地よく感じるようになってきました。

そのロードレースの世界を舞台にしたミステリー。
面白かった!
特に後半はぐんぐんスピードを上げてひきつけられていきました。
続編の「エデン」もぜひ読んでみたいと思っています。
[PR]
by azu-azumy | 2013-07-29 13:50 | 読書 | Trackback | Comments(0)

バリ島旅行記 - オーキッドスイート ② -

a0114521_9431917.jpg

玄関の右手の壁にはセントレジスのバッグと帽子。
こちらはお持ち帰りできますが、4日間使わせていただいて、置いてきました。

この下にスーツケースを置くスペースがあります。
大きなスーツケースを2個のせても余裕の広さです。


a0114521_9464891.jpg
とても広いウォークインクローゼット。


a0114521_948337.jpg
セーフティボックスの上にあるのはドライヤー。
ドライヤーは古いタイプなのでちょっと重い。でも風の勢いはすごかった~(笑)


a0114521_9481559.jpg
引き出しには新しい紙が敷いてあります。気兼ねなく引き出しに衣類をしまえます。


a0114521_9483049.jpg
バスローブ。もう一着はバスルームに準備されていました。内側がガーゼになっていて着心地は◎


a0114521_948429.jpg
クローゼットや引き出しにはサシェ。とても良い香りでした。


a0114521_9485531.jpg
a0114521_949119.jpg
スリッパには男性用と女性用が。
セントレジス・バリにはビーチサンダルはありません。
これはあらかじめわかっていますので準備していきました。


a0114521_9493120.jpg
ベッドルームです。広いです♪


a0114521_9494614.jpg
右手にはこちら。


a0114521_950387.jpg
左手にはこちら。


a0114521_9502152.jpg
a0114521_950464.jpg



a0114521_950240.jpg
a0114521_9501629.jpg
ベッドの上にはタオルデコレーション!
昨年は2日目のルームクリーニングのあとに飾ってくださっていましたが、今回もこんな素敵な白鳥&ハートがお出迎えしてくれました。
例のごとくオジサン&オバサンは照れまくりですが~(笑)



a0114521_9503564.jpg

a0114521_950524.jpg

a0114521_951619.jpg

a0114521_9512020.jpg

a0114521_9523026.jpg
a0114521_9524183.jpg
a0114521_9525873.jpg
a0114521_9531562.jpg
バスルームはセントレジススイートと同じ作り。広さも同じぐらいだと思います。


a0114521_9515950.jpg
そして今年も「I love you」のフラワーバス♪


a0114521_9533159.jpg
a0114521_9534636.jpg
a0114521_954113.jpg
a0114521_9541577.jpg
a0114521_9542754.jpg
オーキッドスイートで楽しみにしていたもののひとつがこのバルコニーから続くデッキ。
バルコニーはセントレジススイートとほぼ同じつくりですが、その先のデッキが素敵でした♪
こちらにも二人用のダイニングテーブル。そして、サンラウンジチェァーと中国風のデイベッド。
周りを緑で囲まれていますので外の景色は見えませんがとても心地よく過ごせる場所でした。
昨年はほとんどの時間をビーチで過ごしましたが、今年はこちらで過ごす時間もかなりありました。

オーキッドスイート、夫婦ともどもとっても気に入りました♪♪
[PR]
by azu-azumy | 2013-07-28 10:24 | *2013.07 バリ島 | Trackback | Comments(0)

バリ島旅行記 - オーキッドスイート ① -

セントレジス・バリには1ベッドルームスイートが2部屋あります。
その一つが今回宿泊した「オーキッドスイート」、広さは216㎡。

a0114521_17121472.jpg
a0114521_17121819.jpg
お部屋は5階の521です。


a0114521_1713380.jpg
扉を開けるとこの雰囲気。


a0114521_17141690.jpg
右側に小さなキッチンがあります。


a0114521_17144888.jpg
a0114521_1715146.jpg
a0114521_1715121.jpg
冷蔵庫に電子レンジ。紅茶はTWGです。
バトラーサービスがあるので、こちらのキッチンでは冷蔵庫で飲み物を冷やしただけでした。


a0114521_171629.jpg
玄関を入って左側にリビングルーム。


a0114521_17164136.jpg
ダイニングテーブルの上には豪華なシャンデリア。


a0114521_1720621.jpg
a0114521_17202135.jpg
リビングルームの壁際にもこの収納スペース。
使うことはありませんでしたが・・・


a0114521_1721753.jpg
a0114521_1722623.jpg
お水も十分の量を毎日補充してくれます。
スパークリングウォーターも♪


a0114521_17225111.jpg
a0114521_1723512.jpg
a0114521_1723201.jpg
ウエルカムフルーツ。
いただくことはなかったのですが、毎日少しずつ入れ替えてくださっていました。


a0114521_17232988.jpg
a0114521_17243045.jpg
リビングの中央に書斎机。
旅行中も夫はここで朝晩のメールチェック等、仕事をしておりました。


a0114521_17254534.jpg
a0114521_17255872.jpg
ソファー。


a0114521_17265899.jpg
リビングルームのこちら側にTVとビデオデッキ。


とても過ごしやすいリビングルームでした。
[PR]
by azu-azumy | 2013-07-27 17:27 | *2013.07 バリ島 | Trackback | Comments(0)

バリ島旅行記 - セントレジス・バリに到着 -

2013年4月のソンクランに計画していたバリ島旅行。
夫の仕事の都合でまさかの中止。
あきらめの悪い私はキャンセルにせず、7月の4連休に変更したのでした(笑)

3か月遅れのバリ旅行。
しかし、今回もまたまたギリギリまでキャンセルかも・・・
GOサインが出たのは出発1週間前でした。

そんなこんなで最後までドキドキ&ハラハラでしたので、2日目のディナーの予約のみで、あとは全くのフリープラン。
まぁ、いつもと変わらないかぁ~(笑)。


a0114521_17341037.jpg
ホテルは今回もセントレジス・バリリゾート
昨年のソンクランで訪れたセントレジス・バリが最高に良かったので、今回もホテルはセントレジス・バリ。
バリに行くと言うよりもセントレジスに再訪することが目的になっていました。

ほぼ定刻通りにデンバサール空港に到着。
イミグレ等は昨年よりも混雑していましたが、今回も空港アシスタントサービスをお願いしていましたので、セントレジスのスタッフがすべて代行してくださいました。
おかげで、私たちはほんの数分待っただけで空港の外へ。
そこからは別のスタッフの案内で駐車場へ。そして車で待機していたドライバーさんに紹介され、↑の車でセントレジス・バリに向かいます。


a0114521_17402031.jpg
車に乗り込むとすぐに冷たいお水、おしぼり、チョコレートのサービス。
昨年と同じです。
徐々にセントレジス・バリにやって来た~という気持ちが高まってきます。

が、昨年と違うことのひとつが、駐車場の大混雑。
お迎えの車が多く、なかなか駐車場を出られません。ドライバーさん曰く「先週はもっと混雑してたんだよ~」
駐車場を出た後はスムーズに走っていましたが、予定時間よりかなり遅れていたらしく、途中でホテルから私たちの到着が遅れているのを心配してドライバーさんに電話が入っていました。


a0114521_17443846.jpg
ロビーに足を踏み入れた途端、セントレジスモードにスイッチオン!
あぁ~、帰ってきた~という感じ♪♪

a0114521_17453498.jpg
a0114521_17453477.jpg
ゲストリレーションのYさんが私たちの到着を待っていてくださいました。
Yさんとは1年3か月振りの再会です。
前回の旅行でもとてもお世話になり、今回の旅行でも予約、変更等々お世話になりました。
出発1週間前にはとても心のこもったメールをいただきました。
GOサインの出る直前にいただいたメールだったのですが、そのお心遣いをとてもうれしく思いました。

お話ししたいことはまだまだありましたが、とりあえずバトラーさんにお部屋へ案内してもらうことにしました。
今回は前回とは違うお部屋をリクエストしていましたので、それもまた楽しみでした。

お部屋の様子は次回に。
[PR]
by azu-azumy | 2013-07-26 17:53 | *2013.07 バリ島 | Trackback | Comments(3)

珈琲店タレーランの事件簿

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)



京都にある珈琲店「タレーラン」を舞台にしたこの作品はご当地ミステリーと言われるらしい。
そして飲食物をテーマにした推理小説はグルメ・ミステリーというサブジャンルに入り、さらにこの作品はコーヒー・ミステリーでもあるらしい。
ミステリーもどんどん細分化していくのですね。
と、そんなところにちょっと驚きを感じたりして・・・

珈琲店タレーランのバリスタである切間美星はコーヒーミルで豆を挽きながら推理する。
そして一言。「その謎、たいへんよく挽けました」

このセリフだけを取り出してみると、ちょっと・・・ですが、ライトミステリーとしてはなかなか面白い!
既に第2巻がでているので、そちらも読んでみましょう~。

最近の文庫本のカバーデザインは変わってきましたね。
変化というのか進化というのか・・・
一見、漫画?と思ってしまうようなイラスト。
この本もそうです。
若い方には馴染みやすいデザインなのでしょうが、オバサマとしましては逆に手を出すのにちょっと躊躇してしまったり・・・
でも、「珈琲店タレーランの事件後 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」なんてタイトルは乙女心をくすぐるのです。
はい!オバサマにも乙女にも変幻自在でございます~(笑)
[PR]
by azu-azumy | 2013-07-25 08:41 | 読書 | Trackback | Comments(2)

Baliで読んだ “旅猫リポート”

7月20日~23日は4連休でした。
わが家はバリでこの連休を過ごしました。
1年4か月ぶりのバリはやっぱり最高でした!
旅のリポートはまた後程。
といっても今回もまたホテルから一歩も出ずに過ごしたので、リポートらしきものはないのですが・・・

今回の旅行中に読むのを楽しにしていた本があります。


旅猫リポート



有川浩さんの【旅猫リポート】
ビーチで読んだこの本。本当に良かったです!
この読後感・・・
じんわり、じんわり、心の奥底に涙が染み込むような感じ・・・
そして、ふわふわと感動が浮かんでくるような感じ・・・
読み終えた後、ぼーっと海を眺めていました。
しばらくはこの時間を慈しみたい・・・、そんな思いに浸りました。

大切なものを手放さなければならなくなったとき、人はどんな思いで、どのようにしてその道を選ぶのか・・・
それが本当に本当に大切なものであれば・・・

この本も「ブクログ」での評判が良く、読みたいと思っていた一冊です。
ブクログで参考にするのはランキングや評価、そして他の方が書かれたレビューです。
レビューを拝見するとき、「ネタバレ」の表示があるものはスルーします。
あらすじを読んでから本を読むというのは、私にとってはプレゼントの中身を知っていながら箱を開けるような感があり、感動が半減するような気がするのです。
なので、私の読書memoでもあらすじは書かないようにしているのですが、この【旅猫リポート】は久々に「あらすじが書きたい!」と思った一冊です。
久々に有川浩さんにやられたなぁ~


かすかな余韻にひたりつつ・・・
今日は洗濯物と格闘です~(涙)。
[PR]
by azu-azumy | 2013-07-24 11:13 | 読書 | Trackback | Comments(2)

今日のランチは「カオヤム」

久々にタイ料理ランチです。
なかなか「タイ料理に行こう~!」とはならないのですよねぇ・・・(笑)

選んだお店は、【Baan Ice Restaurant Thonglor(バーン アイス レストラン トンロー】
南タイ料理のお店です。


a0114521_114479.jpg
カオヤム。ハーブ和えごはんです。
こちらのお店を選んだのはこれが食べたかったから!
以前から気にはなっていたのですが、ごはんをハーブで和えるというのが私の頭の中では想像できなくて~(笑)
見た目はとってもきれい~(失礼!)


a0114521_118268.jpg
ですが、こんなふうに和えてしまうと・・・
で、お味の方ですが、ハーブの味がかなり強い。そして生の野菜の味と食感。
特に「もやし」を生で食べることにどうしても馴染めない。
和えてあるのに私の口の中ではそれぞれが独立してしていて、主張が強い感じ・・・
正直、好みではありませんでした。
一度はいただいてみたかったカオヤム。一度いただいたら十分です(私は!ですが・・・)
大好き!とおっしゃる方も多いのですよ~。念のため(笑)。


a0114521_11155880.jpg
a0114521_11153415.jpg


他のお料理は美味しくいただきました♪

コチラのお店、ランチタイムはタイ人で賑わっていました。
この日もほぼ満席でしたよ^^
[PR]
by azu-azumy | 2013-07-18 11:18 | レストラン(タイ) | Trackback | Comments(2)

週末晩ごはん @ 鮨忠

6月末の週末のこと。
ちょっとしたお祝い事があったので、週末晩ごはんは【鮨忠】へ。

a0114521_1239454.jpg
a0114521_1240219.jpg
わが家のお気に入りのお寿司屋さん。
PM7:00の予約をして出かけましたが、カウンターはすべて予約済み。
私たちが到着した時は1組だけでしたが、ほどなく満席になりました。


a0114521_12415924.jpg
毎月、おススメのお魚があるのですが、この時は「鯵」がおススメとのことで「たたき」でいただきます。
お寿司屋さんに行っておいてなんですが、私、苦手なお魚が多いのです(笑)
鯵もそんな苦手なお魚だったのですが・・・
いっしょにいただいた茗荷の香がとっても良くて、美味しい~♪♪
またひとつ苦手なものを克服です!
って、子どもみたいなことを・・・(汗)


a0114521_12444920.jpg
大好きな「銀だらの西京焼」


このあとは好きなものを握っていただきました。

a0114521_12454964.jpg
烏賊はあぶりで。さっとレモンを絞ってくださるので、そのままいただきます。
美味しい~♪♪

a0114521_1246599.jpg
ネタは週に何度か築地から空輸されてくるそう。
この日のおすすめの貝をお聞きして、まずは赤貝。


a0114521_1248278.jpg
続いてつぶ貝。こりこりしてとっても美味しい♪


a0114521_12483913.jpg
そして、ホタテ。どんだけ貝好きかバレてますね~(笑)


a0114521_12491590.jpg
雲丹。


a0114521_12493716.jpg
あなご。


a0114521_12495379.jpg
中トロ。


a0114521_12501676.jpg
最後はネギトロ巻。
実は私、鮨忠さんで初めてネギトロをいただいたんです。
それ以来、こちらのネギトロが大好きになりました♪♪


バンコクに居ることをひと時忘れる。
そんな美味しく楽しい週末晩ごはんでした♪♪
[PR]
by azu-azumy | 2013-07-15 12:52 | レストラン(和食) | Trackback | Comments(2)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy
プロフィールを見る
画像一覧