<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2013年9月に読んだ本

新記録樹立!!
なんと、9月に読んだ本は21冊!
我ながらすごいなぁ~と感心しております(笑)
でも、これって自宅でちょっと安静にしながらの日々を過ごしているがための産物なので、あまり喜べない結果ではあるのですよねぇ・・・

もともと、本を読むことは大好きですが、心置きなく本に向き合える時間があると、のめり込むように読んでしまっています(笑)。

それではラインナップから。


azumyの本棚 - 2013年09月 (21作品)
熱球 (新潮文庫)
重松清
読了日:09月16日
{book['rank']

続・大人の流儀
伊集院静
読了日:09月20日
{book['rank']

powered by booklog





☆☆☆☆4つをつけたのは8冊!
【恋せども愛せども】 唯川恵著
祖母と母と二人の娘。複雑な親子関係。そんな4人の恋。
これはもう完全に好みの問題だと思いますが、私、唯川さんの本、かなり好きです。

【鹿男あおによし】 万城目学著
万城目ワールド全開!
万城目さんの発想はどこからやってくるのか・・・、すっかり虜です。

【一分だけ】 原田マハ著
ゴールデンリトリバーのリラと飼い主の藍の物語。
私、実は動物が苦手です。
でも、じ~~~~ん。
そして、犬のいる生活もいいかも・・・、なんて思ったりしちゃいました。

【ななつのこ】 加納朋子著
加納朋子さんのデビュー作。
ライトミステリーですが後半で一気にひきつけられ、ラストはちょっと良いなぁ~!!

【クジラの彼】 有川浩著
自衛隊ラブコメシリーズ第一弾。
先に「ラブコメ今昔」を読んでからこの本を読みましたが、第一弾の方が好みです。
有川さん自身が言われていますが「いい年した大人が活字でベタ甘ラブロマ好きで何が悪い!」
はい!私もそう思う一人でございます(笑)。
ベタ甘ラブロマ、いくつになても良いものです!

【県庁おもてなし課】 有川浩著
滝川クリステル効果か、にわかに脚光を浴びる「お・も・て・な・し」
「おもてなし」はそれ以前からず~っと日本に根付いていた文化。
ただ、ちょっと忘れがちになっていたことも無きにしも非ずだけど・・・
高知県庁に実在する「おもてなし課」。
おもわず高知県庁のHPをのぞいてみちゃいました(笑)。
この本、文句なく面白かったです!

【その時までサヨナラ】 山田悠介著
以前、山田悠介さん原作、成宮寛貴さん主演のドラマ「スイッチを押すとき」を見たことはあるのですが、本を読むのは初めてです。
紹介には「ホラーの鬼才が切り開く愛と絆のミステリー!」と書かれています。
ストーリーはちょっと平凡でしたが・・・、楽しめました。

【凍りのくじら】 辻村深月著
最近、読書の好みがちと変わってきているような気がしています。
この本、以前の私なら苦手だったかも・・・
以前は読み始めてちょっと苦手かもと先入観を持ってしまった本は最後までそれを払拭することができなかったのですが、最近は途中でニュートラルに切り替えることができるようになっています。
どういう心境の変化か・・・、自分でも不思議。
そんなわけで、この本、文庫で550ページあるのですが、一気に読んでしまいました。

☆☆☆3つをつけたのは12冊!
【「心の掃除」の上手い人下手な人】 斎藤茂太著
モタさんの本を読んだのは何年?何十年ぶりでしょう!
以前から夫の本棚の片隅にあるのはしっていたけれど、なかなか手を出さなかった。
安静生活に辟易している時、自然と手が伸びて読んでみました。
私の心が欲していたのでしょうか~^^

【ボクの町】 乃南アサ著
新人警察官のお話です。
文庫は2001年に発行されていますのでかなり古いのですが、うなずけることも多々あり・・・

【季節風 春】 重松清著
季節風シリーズを読むのは3冊目。
ちょっと季節外れでしたが・・・
重松節、効いてます。

【55歳からのハローライフ】 村上龍著
村上龍さんの本、私は読んだことがあるのか、ないのか? 記憶にないのですが・・・
ちょっと身につまされる部分があったりしましたが、読みやすい本でした。
ただ、寝ながら読むにはハードカバーはしんどかった(笑)

【ラブコメ今昔】 有川浩著
自衛隊ベタ甘ラブコメ第2弾です。

【リピート】 乾くるみ著
もし「10か月前に戻してあげるよ」と言われたら・・・
そしてそれがリピート可能だとしたら・・・
乾さんの本を読むのは「イニシエーションラブ」に続いて2冊目ですが、個人的にはこちらの方が好きです。

【熱球】 重松清著
かつて甲子園を目指した男たち。
40歳を目の前にした彼らの今は・・・

【野心のすすめ】 林真理子著
話題になっていたこの本。
夫の本棚から失敬して読みましたが・・・
心に残ったのは「やってしまったことの後悔は日々小さくなるが、やらなかったことの後悔は日々大きくなる」かな。

【晴れた日は図書館へ行こう】 緑川聖司著
児童文学ですが楽しめました。 
(こちら → にも書いています。)

【100回泣くこと】 中村航著
以前から古本屋さんで良く見かけていた本。
今年、映画化されたので帯に関ジャニ∞の大倉君の写真が~!
と言うわけで、手にしてみました(笑)
私はちょっと「恋空」を思い出してしまった・・・

【ハルさん】 藤野恵美著
児童文学作家が描いたほのぼのミステリー。

【ヘヴン】 川上未映子著
以前から読んでみたいと思っていた川上未映子さんの本。
平成21年度芸術選奨文部科学大臣新人賞と第20回紫式部文学賞を受賞した作品。
同級生からのいじめに耐える少年と少女を描いた作品ですが・・・
ただ、いじめを描いているというだけではなく、内容はもっと濃くて、かなり重い。
読み始めたときには、わっ、苦手かも・・・と感じました。
が、なぜだか途中でやめられないのです。
個人的には道尾秀介さんの【向日葵の咲かない夏】を読んだ時に似ているような感じかなぁ・・・
川上未映子さんの本、もう1冊、読んでみようと思います。

☆☆2つをつけたのは
【続・大人の流儀】 伊集院静著
【大人の流儀】・【別れる力・大人の流儀3】に続いて読みました。
3冊とも夫の本棚からですが・・・
ごめんなさい!私は伊集院さんが魅力的な大人だとは思えない。
この本を読む限りですが・・・


常に本のストックは10冊以上。
それが減ってくるとなんだか不安になってくる~(笑)
8月、9月とがんがん読んでいましたので、先日の夫の日本出張でも仕入れて来てもらいました。
ここ数日は古本屋さんでも仕入れてきたし。
これで安心して10月も読書が楽しめます!




ブクログ
azumyの本棚
[PR]
by azu-azumy | 2013-09-30 17:24 | 読書 | Trackback | Comments(4)
【半沢直樹】の最終回の視聴率、すごかったですね~!!
「家政婦のミタ」を超える42.2% 。
2000年に放送された『ビューティフルライフ』をも抜いて平成第1位ですって~
関西では平均視聴率が45.5%、瞬間最高は50.4%というから驚きです!
かくいう私もこの【半沢直樹】は全話完全視聴しております^^

そんな【半沢直樹】フィーバーはここバンコクにも伝染しているようです。
私がいつも行く古本屋さんでは男性ファンが多い作家の本が数多くあります。
なので池井戸潤さんの本はいつも古本屋さんに並んでいるのですが、先日、行った時には1冊もありませんでした。
【空飛ぶタイヤ】・【下町ロケット】・【鉄の骨】・【果つる底なき】・【BT'63】などは何冊もあったのに・・・
半沢直樹効果、すごいですねぇ・・・

で、10月からはどんなドラマが始まるのだろうと思っていたところ、楽しみなドラマを発見です。

私の大好きな本のひとつに小路幸也さんの【東京バンドワゴン】シリーズがあります。
まだ第5弾までしか読んでいませんが・・・(汗)

下町にある古書店【東京バンドワゴン】
その名前からしてユニークですが、その古書店を営む堀田家はこれまたかなりユニークで・・・

そんな【東京バンドワゴン】がドラマ化され10月12日から放映開始なんですね!
大好きな本だけにドラマ化となると否が応でも期待値はうなぎ上り~!!

キャストはどうなってるのかな?と思い、こちら → を見てみたら、う~~ん、ちょっと違和感が・・・

そしたら、やっぱりいましたよ~!!
【東京バンドワゴン】が大好きな方々。
で、やっぱり勝手にキャスティングなどなさっていらっしゃいます(笑)
それも、書店員さん方が!ただし、2009年4月に実施されたものなのなんだけどね^^ こちら→

しかーし!原作者の小路幸也さんは「ドラマ『東京バンドワゴン』キャストにいろいろご意見はあるでしょうが、僕はとても考えられたいいキャストだと思います。特に我南人役の玉置さんはよく引っ張ってきたなぁと(^_^;)。」
「ドラマでは<青を主役に据えすずみとの恋物語を縦糸にする>、<もうひとつの【東京バンドワゴン】をつくる>のですからそのままなぞっては面白くない!」とおっしゃっています。

そして、「玉置さんと亀梨くんのユニット『堀田家 BAND』が歌う『サヨナラ☆ありがとう』は本当にいい曲です!」とも。

原作者の小路幸也さんがそうおっしゃる【東京バンドワゴン】のキャスト。
ならば【東京バンドワゴン】ファンの私としてはもうな~んにも言うことはございませんです。ハイ!

どんなドラマになるか、今からと~っても楽しみ。
『堀田家 BAND』が歌う『さよなら☆ありがとう』もね!!
[PR]
by azu-azumy | 2013-09-25 13:42 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)
私がよく足を運ぶ古本屋さんは2軒。
どちらのお店も新刊(といっても古本ですが)は目立つ場所にコーナーを作ってあります。
なので、いつもそのコーナーから物色していきます。

あくまでも古本屋さんですし、日本の古本屋さんのような規模の大きなお店ではありませんから、どんな本にであえるか、それはもう運次第です。
たまたま読みたいと思っていた本、面白そうだとチェックしていた本に出会えた日はもう最高の気分です。
が、それはめったにないことです。

一昨日、久々(1か月半ぶり)に古本屋さんに行きました。
新刊コーナーでみつけたのが 【晴れた日は図書館へいこう】


晴れた日は図書館へいこう (ポプラ文庫ピュアフル)



そう、昨今流行り(?)のあれ(マンガと見間違うかのような装丁)です(笑)

この本はノーマークの本で、緑川聖司さんという作家もしらなかったのですが、背表紙で見たそのタイトルのすがすがしい感じが気に入って、手にしてみるとかわいいイラストの表紙です。

自宅に戻ってプロフィールを見てみると・・・
この【晴れた日は図書館へいこう】は第1回日本児童文学者協会長編児童文学新人賞(長い!)の佳作を受賞した作品でした。
そう、この本、実は児童文学でした。
文庫本で児童文学・・・、思いもしませんでした。
でも、せっかくなのでン十年ぶりに、児童文学を読んでみました。
図書館を舞台にしたライトミステリーですが、丁寧に書かれていて楽しめました。


子どもの頃から本を読むのが好きで、寝る前に本を読みだすとやめられなくなり、母に「続きは明日にしなさい!」と良くおこられてたっけ~。
でも、そんなことでやめられるわけもなく、卓上スタンドを布団の中に引っ張り込み、頭から布団をかぶって続きを読んでました(笑)

小学校の図書館にある海外ミステリーシリーズ(少女が事件を解決していくお話でした)にハマって、「将来の夢は私立探偵!」なんて言ってたこともあたなぁ~。

と、ちょっと懐かしい記憶がよみがえってきたり~(笑)
たまには児童文学も良いものです。
[PR]
by azu-azumy | 2013-09-22 09:22 | 読書 | Trackback | Comments(6)
プラザアテネバンコク・ロイヤルメリディアンの宿泊記をUPしている途中でしたので、最後にうれしかったことを少しだけ。

実は夫の誕生日は8月下旬でした。(私の体調不良でまだ誕生日を祝っておりませんが・・・)
こちらのホテルに宿泊したのは8月10・11日なので誕生日はまだ先だったのですが、10日の夜、お部屋に戻るとこんな素敵なサプライズが~!!


a0114521_1851915.jpg


カードには『Wishing you a happy birthday in advance !』
スタッフの心遣いをとてもうれしく思いました。


プラザアテネバンコク・ロイヤルメリディアンではスタッフのホスピタリティに感激することが多々ありました。
クラブラウンジは超豪華とは言えませんが、静かで落ち着いた雰囲気。とても過ごしやすいラウンジでした
こちらのホテルには機会があればまた宿泊したいと思っています。
[PR]
by azu-azumy | 2013-09-21 18:57 | バンコクのホテル | Trackback | Comments(0)

2013年8月に読んだ本

9月も半ばを過ぎたところで、ようやく2013年8月に読んだ本のupです。

先月、体調を崩したことで2週間ほどの安静が必要になり、ほぼベッドの上での生活を強いられました。
そうなればもう読書をするしかありません。

そんなわけで8月中旬以降は読書三昧の日々でした。
結局、8月中に読んだ本は19冊!(再読した【永遠の0】を加えると20冊になるのですが)
1か月に19冊は最高記録です。
あんまりうれしくないけれど・・・(苦笑)

読んだ本のラインナップです。



azumyの本棚 - 2013年08月 (19作品)
短劇 (光文社文庫)
坂木司
読了日:08月01日
{book['rank']

桜ほうさら
宮部みゆき
読了日:08月30日
{book['rank']

powered by booklog




☆☆☆☆☆5つをつけたのは2冊
【残月 みおつくし料理帖】 髙田郁著
【横道世之介】 吉田修一著

☆☆☆☆4つをつけたのは6冊
【しあわせのパン】 三島有紀子著
【七人の敵がいる】 加納朋子著
【スコーレNo.4】 宮下奈都著
【シャイロックの子供たち】 池井戸潤著
【十字架】 重松清著
【蝶々喃々】 小川糸著

☆☆☆3つをつけたのは10冊
【短劇】 坂木司著
【温室デイズ】 瀬尾まいこ著
【人生教習所】 上・下 垣根涼介著
【ダークルーム】 近藤史恵著
【バブル女は 「死ねばいい」 婚活、アラフォー(笑)】 杉浦由美子著
【一流の想像力】 高野登著
【生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント】 西原理恵子著
【別れる力 大人の流儀3】 伊集院静著
【桜ほうさら】 宮部みゆき著

☆☆2つをつけたのは1冊
【史上最強の内閣】 室積光著


8月は夫の本棚から選んだ新書など5冊も含まれています。
古本屋さんで買い込んでいたストックの本もそろそろ心もとない。
本屋さんに行きたくてうずうずしています。
[PR]
by azu-azumy | 2013-09-16 18:48 | 読書 | Trackback | Comments(4)

そろそろ復活!

ブログを1か月も放置してしまいました。

実は、ちょっと体調を崩しておりました。

なかなかすっきりしませんが、そろそろ復活できそうな気配です。

無理せずぼちぼちと・・・・

と思っています。

[PR]
by azu-azumy | 2013-09-15 12:20 | 日々のこと | Trackback | Comments(12)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy