<   2013年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

カラフルコースター

a0114521_8473840.jpg


友人へのプレゼントに“カラフルコースター”を編みました。

久々のレース編み。

やっぱり楽しい♪♪
[PR]
by azu-azumy | 2013-10-31 08:49 | **レース編み その他 | Trackback | Comments(8)

ちょんまげぷりん

ちょんまげぷりん (小学館文庫)



【ちょんまげぷりん】の存在を知ったのは映画が最初でした。
関ジャニ∞の錦戸くん主演の映画【ちょんまげぷりん】
ちょんまげぷりんって・・・、何?
「ちょんまげ」と言えば、あのお侍のヘアスタイルしか思い浮かばへんし・・・
「ぷりん」とひらがなで書かれていても、洋菓子の「プリン」しか思い浮かばへんし・・・
その二つを足したら・・・、何になるの?????
今ひとつ、興味がわきそうでわかへんし・・・
何と言っても、ちょんまげ姿の錦戸くんがあまりにも・・・なので、それっきり記憶から消しさられていました。

二度目に【ちょんまげぷりん】と出会ったのはNHKのTV番組「グレーテルのかまど」でした。
そこで紹介されたあらすじがちょっと面白そうで、消し去られた記憶が読みがえる。

そして、先日、いつもの古本屋さんで三度目の出会い。
これはもう、読むなら、今でしょ~!(笑)

この本、とっても不思議な本でした。
江戸時代から180年の時を超えてタイムスリップしてきた侍の木島安兵衛。
安兵衛が出会ったのはシングルマザーのひろ子とその息子の友也。
この親子と暮らし始めた安兵衛が現代で「パティシエ」となる。
タイムスリップものは数あれど、こんな展開、他にはないよね・・・
ちょっとばかばかしいけど、ちょっと笑えて、ラストはちょっといい感じ。

難しいことなど考えず、単純に楽しみたいときに読んでみるにはよい本かな・・・
でも、映画はどうだろう・・・?

ところでこの作品、単行本として刊行された時には【不思議の国の安兵衛】だったそう。
それはあまりにもひねりがないよね~(って上から目線でごめんなさい!)
よくぞ【ちょんまげぷりん】に改題してくれました~!!
って、タイトルで悩んでいたのにねぇ・・・(笑)
[PR]
by azu-azumy | 2013-10-31 00:01 | 読書 | Trackback | Comments(0)
タイで話題のCM。

“泣ける”CMです。




[PR]
by azu-azumy | 2013-10-30 06:06 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)
a0114521_18535095.jpg

友人のYちゃんからエアメールが届きました。
早速、開けてみると~!!
こんなかわいいかぼちゃが出てきました。


a0114521_18514339.jpg

中にはクラブハリエのバウムクーヘン♪♪
私も夫もバウムクウヘンには目がありません。
二人して子どものように大はしゃぎ~!!

Yちゃん、ありがとう~♪♪
[PR]
by azu-azumy | 2013-10-29 19:09 | Present | Trackback | Comments(2)

99Rest Backyard Cafe

友人から「快気祝いをしよう!」とうれしいお誘い。
体調不良になってランチをドタキャンしたままでしたからねぇ・・・


a0114521_2144832.jpg

ラマ9世通りソイ41にある99Rest Backyard Cafe
ドライバーさんに地図を渡して連れて行ってもらいましたが、方向音痴の私にはどこをどうやって行ったのか???


a0114521_2118147.jpg
a0114521_21181510.jpg
一軒家のおしゃれ~なカフェ。
窓からは光が燦々と降り注ぎ、目の前には緑の景色。
ちょっと奥まったところにあるので、とっても静かだし・・・


a0114521_21222365.jpg
a0114521_21223471.jpg


普段、レストランでは他の客さんもいらっしゃるし~、と大慌てで写真を撮っています。
でも、今日は入店してしばらくの間、私たち以外にお客さんがいなかったので、スタッフにお断りして写真をパシャパシャ~(笑)。


a0114521_21252121.jpg

パンもおしゃれに見えてくる~


a0114521_21263365.jpg
a0114521_2127298.jpg
お料理は創作タイ料理と西洋料理。
揚げパパイヤのソムタムと烏賊スミのパスタをいただきました。
おしゃべりに夢中になってしまい、他のお料理は写真を撮り忘れ~(泣)。


a0114521_21285492.jpg
デザートまでしっかりいただきました。
ショーケースの中からレモンタルトをチョイス。


結局、私たち以外に2組のお客さんがいらっしゃっただけでした。
こんな素敵な空間で、なんて贅沢なランチでしょう~
大満足でした♪
[PR]
by azu-azumy | 2013-10-29 00:01 | Cafe | Trackback | Comments(0)

みつもり @ 週末ランチ

夫は大の“うどん”好き。
“そば”よりもだんぜん“うどん”派。
なので、わが家は年越しも“そば”ではなく“うどん”です(笑)。

が・・・
そんな夫が、最近、“そば好き”に変身しました。
昨日のランチも「そばにしよう!」と夫がのたまうのでみつもりへ。


a0114521_11102944.jpg
a0114521_11103466.jpg
Sukhumvit Soi23にある一軒家。
こちらは日本の大戸屋がプロデュースする地鶏とそばの店。
夫がうどん派でしたので、今更ですが、こちらのお店に伺うのはお初です。


a0114521_1102376.jpg

夫は「地鶏の親子丼と手打ちせいろ蕎麦」


a0114521_1112356.jpg

私は3種類のお味でいただけるお蕎麦のセットを。


a0114521_112112.jpg
大根おろしと鰹節。


a0114521_1121251.jpg
小海老の天ぷらが美味!次はぜひ天ぷらそばを食べてみたい!と思いました。


a0114521_1133284.jpg
とろろが大好きな私。気に入りました♪


ランチタイムには食後にコーヒーor紅茶が付きます。
休日のランチタイム。日本人ファミリー、タイ人ファミリーで賑わってました。

【みつもり】、わが家のお気に入りに登録です♪
[PR]
by azu-azumy | 2013-10-28 11:08 | レストラン(和食) | Trackback | Comments(2)

ドイツ土産だけど・・・

夫がドイツ出張から戻ってきました。
バンコクからデュッセルドルフまでの直行便が取れず、ウィーン経由。
2泊4日の超タイトなスケジュールゆえ「今回はお土産はいいからね~」と、良妻を気取って送り出したのでした(笑)


a0114521_8405640.jpg

それでもやはり「お土産は買わねばならぬ!」と思ったらしい夫が買ってきてくれたのがこちら。
『リンツのチョコレート』

a0114521_8412630.jpg

蓋を開けた途端、チョコレートの良い香り。
ですが・・・
リンツはスイスのチョコレートですよねぇ。
まぁ、美味しくいただければ良いとしましょう~^^


a0114521_8413821.jpg

そしてもう一つ。
「これ見て~」とうれしそうに夫がスーツケースから取り出したのがこちら。
「なにそれ、飛行機でもろたん?」
しばし固まる夫。
「何ゆうてんねん!ウイーンでこうてんぞ~!!」
「えっ?こうたん、それ?」
私の驚きの顔をもろともせず「ここ押してみ~」とクマのお腹を指さす夫。
言われた通りクマのお腹を押す私。
突然、ヨーデルが鳴り響く。けっこうなボリュームで・・・
「なっ!ええやろ、これ」と喜色満面の夫。

以前からウイーンに行きたいとのたまっていた夫。
トランジットの短時間でも何か記念になるものをと空港内を走ったらしい。
そして見つけたのがこの「ヨーデルを奏でるクマ」
とりあえずウイーンで買ってきたということで満足しているていの夫。

なが~い付き合いの夫なれど、時々「え〝==」と思う行動をとって楽しませてくれる。
嬉嬉としてウイーンで買った「ヨーデルを奏でるクマ」を持つ大阪人のおっちゃん。
よいお土産です(笑)。
[PR]
by azu-azumy | 2013-10-27 09:12 | Present | Trackback | Comments(8)

太陽の座る場所

初めての作家さんの本を読むとき、私の場合、1冊目の印象がかなり重要です。
1冊目で★4つ以上の評価をつけた作家さんの本は、アンテナを張り巡らして次の出会いを待ちわびています。
1冊目で★3つの評価だった作家さんの場合は、出会いがあれば読んでみましょう、というスンタンスです。

辻村深月さんの1冊目は【本日は大安なり】で★3つの評価をつけました。
そして、偶然出会った2冊目の【ツナグ】は★5つをつけた大好きな本。
この【ツナグ】との出会いで私の中で辻村深月は赤丸急上昇!!
それ以降、古本屋さんに行くたびにチェックする作家さんの一人になりました。
が・・・
3冊目に出会った【ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ】は★2つの評価。
最後までやっとこさ読み進めたという感じでした。

読むたびにこれほど評価の変わる作家さんは私の場合、珍しい。
一度、★2つをつけた作家さんの本はなかなか手に取る気にはならないのですが、そこはそれ、なんと言っても【ツナグ】が★5つでしたから。
このままお別れしてしまうことなんてできません。

そして手にした4冊目の【凍りのクジラ】
この本は不思議な本で、読み始めてすぐは「あまり好みじゃないかも・・・」と思ったのに、どんどんどんどんひきつけられ、読み終わってみると★4つの評価でした。
こうなってくると、私の中で辻村深月さんは摩訶不思議な作家さんとして気になる作家さんの一人になりました。


太陽の坐る場所 (文春文庫)


そして、期待と不安に胸を膨らませつつ読んだ5冊目の【太陽の座る場所】
高校卒業後、毎年、クラス会を開く彼ら。
クラスメイトの一人である「キョウコ」は人気女優に。
クラス会に欠席し続けている「キョウコ」をクラス会に呼ぼうと画策するところから10年後のクラス会は彼らにとって特別なものとなっていく。
出席番号22番、1番、27番、2番、7番の5人が当時、現在、そして「キョウコ」とのつながりを語っていく。
読み進めていくと、「キョウコ」っていったい誰?と思わせる不思議な展開もありつつ、あぁ、そうだったのか・・・、と最後には納得。
自分自身の高校時代のことを思い起こしつつ、ちょっと切なくなったり、辛くなったり、感動したり。
中でも出席番号1番の紗江子の話は好きだなぁ・・・。

次はどんな辻村作品と出会えるかしら。
楽しみです。
[PR]
by azu-azumy | 2013-10-26 08:39 | 読書 | Trackback | Comments(4)

バンコクで「梨」を食す

a0114521_13134818.jpg


週に一度、トラックで野菜を売りに来るおじさん。
果物も持ってきてくれます。

「今日は梨が美味しいよ!」と言うので、買ってみることにしたら、韓国産でした。


a0114521_13174520.jpg


見た目は日本の梨と変わりありません。
お味の方も甘くてなかなか美味しい!
日本の梨と比べたらちょっと・・・ですが、贅沢は言えません^^

伊勢丹やエンポリでも時々、空輸された日本の果物が売られることがありますが、びっくりするような値段です。
この間見た桃は1個1000バーツ(約3000円)もしたし。
買っているのはタイ人セレブの方々で、私は遠巻きに眺めているだけでした(笑)

そろそろ乾季に入ったバンコク。
日本のようにはいきませんが、それでも「季節の変わり目」です。
韓国産の梨をいただきながら日本の秋を懐かしんでいます。
[PR]
by azu-azumy | 2013-10-25 13:24 | 日々のこと | Trackback | Comments(8)
風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)


森絵都さんとの出会いは【カラフル】
カラフルは私の身勝手評価で★5つをつけています。
私には珍しく、劇場版アニメのDVDを探して見たほど、【カラフル】にはやられました(笑)

この【カラフル】、産経児童出版文化賞を受賞しています。
と言うことは・・・、児童文学だったんですね^^

ちなみに2000年には、只今お騒がせ中の元KAT-TUN・田中聖くん主演で映画化されています。
こちらは観てないけど・・・
母親役が阿川佐和子さんというところはちょっと興味をそそられる。

2冊目がこの【風にまいあがるビニールシート】
この本は2006年第135回直木賞を受賞しています。
6話からなる短編集。
年齢も職業も生き方も違う主人公たち。
ただひとつ共通していることは大切な何かのために精一杯生きようとすること。

元来が怠け者で楽な方、楽な方に流されてしまう私には十分すぎる刺激になりました。
[PR]
by azu-azumy | 2013-10-22 09:07 | 読書 | Trackback | Comments(4)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy