NEW POST

ミレニアム・ヒルトン・バンコク宿泊記 ② ~ 波乱のチェックイン ~

2015年のお正月のことになるのですが…
チャオプラヤー川沿いのホテル、【 ミレニアム・ヒルトン・バンコク 】に宿泊しました。
その宿泊記を書かないまま1年が経過してしまいました(汗)

書こう、書こう、と思いつつも、当初はちょっと気分が乗らなかったのです。
それは残念なことが目白押しだったから。
でも、1年もたつと、当然ながらあの苛立ちも思い出に代わるものです(笑)

そんなわけで、1年も前の宿泊記ですが、備忘録として…
【ミレニアム・ヒルトン・バンコク】に宿泊することになった経緯だけは1年前に記載していました(こちら→)。

2泊3日の宿泊を計画していましたので、当初は大晦日からの宿泊にしようかと考えました。
でも、大晦日はきっとゲストがいっぱいだろうし、そうなるとサービスも…、なんて考えが頭をよぎり、1月2日からの2泊3日に決定。

HPからの予約でしたので、ホテル到着時刻はチェックイン開始時刻の14:00にお願いしておきました。
1月2日当日、ホテルに到着したのは14:10頃。

エントランスに到着しても、スタッフは誰も声をかけてくれない。
トランクからスーツケースを降ろしていても知らん顔。
ドアの近くにいたスタッフにクラブルームを予約していることを伝えたが、スタッフの反応は「?????」
クラブラウンジはどこ?と聞いても「?????」
ロビーに入ってから他のスタッフに尋ねても「?????」

スタッフの対応にがっかりしつつロビーへ。
確か最上階の1~2階下のはずだけれど、何階かは覚えていない。
スタッフが教えてくれるものと、ちゃんと見てこなかった…
仕方なく、1階のチェックインカウンターで尋ねることに。
スタッフに31階だと教えられ、エレベーターへ。

ようやくクラブラウンジに到着。
カウンターにはすでに2組の欧米人。
チェックインだと伝え、カウンターの近くの席で待つことに。
クラブラウンジのスタッフは席についても、飲み物を持って来てくれるわけでもなく、ただ見ているだけ。
20分ほど待たされた時点で、飲み物を頼むと、ようやく持って来てくれた。

カウンターにはタイ人スタッフが4人いたのだが、そのうちの3人が一人の欧米人の対応に大わらわ。
どうやらカードリーダーでカードが読み取れないらしいのだが…
スタッフは焦る様子もなく、3人でパソコン画面を覗きつつ、もたもたとしている。
そのため、チェックイン業務をしているスタッフはひとり。
これがまた遅~い!

文句を言っても仕方ないので、待つしかない。
と…
私たちより後から来た欧米人の男性が怒り出した。
すると、スタッフは順番を無視してその男性のチェックインを先にするではありませんか~!!
えっ?怒った者勝ちなの?
ものすご~く、気分が悪い!
でも、やっぱり日本人なのかなぁ~、イライラはするものの、こんなところで怒ってもしょうがないと思ってしまう。
私たちの他にも、日本人カップルが1組(日本からの旅行のようでした)、じっと待っておられました。

3時半ごろ、ようやく私たちの番。
チェックインを済ませたところでスタッフが一言。
「部屋の準備ができていません」

「はぁ~~~~~?????」(心の声!)

「どうして?」と聞くと、「昨日、満室だったから」と悪びれもせずに答える。
そして、「どこか観光して来て~」と。
開いた口が塞がらないとはこのこと。

「いつ部屋の準備ができるの?」と確認したら「5時」と答えるスタッフ。
仕方なく、クラブラウンジで約1時間半、待つことに。
どっと疲れが…

ラウンジではアフタヌーンティータイム。
スタッフが運んできてくれた。




a0114521_11064052.jpg


a0114521_11064096.jpg


せっかくのアフタヌーンティーですが、いまいち気分が…



a0114521_11064033.jpg


31階のクラブラウンジからの眺め。
この景色が評判の【ミレニアム・ヒルトン・バンコク】ですが…
写真からもわかるように、窓の汚れが酷くて…
夜は気にならないのでしょうが、残念!

クラブラウンジでpm5時過ぎまでまちましたが、スタッフからの連絡は一向にない。
しびれを切らした夫がカウンターへ。

席に戻ってきた夫の手にはルームキー。
夫曰く、カウンターにルームキーが5つほど並べて置かれていて
カウンターにスタッフが一人いたが、知らん顔。
夫がルームキーを取っても、スタッフは一言も発することがなかったとか。

ラウンジで待っていることはわかっているのだから、部屋の準備ができたらなぜ声をかけてくれないのか。
案内されることもなく、かなりがっかりしつつお部屋へ。

部屋に入ってみると、スーツケースが届いていない。
何時間も待ってようやく部屋に入ってもこんな状態。

スーツケースを届けてくれるように電話してみると
「スーツケースがどこにあるかわからない」って…

そこから待つこと30分ほど。
ようやくスーツケースは届きましたが…

スタートからこの調子。
波乱の予感だけしかしないミレニアム・ヒルトン・バンコクの宿泊スタート!!





[PR]
トラックバックURL : https://azumystyle.exblog.jp/tb/22438505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kotorishu at 2016-02-13 17:06
azumyさん
こんにちは♪
波乱の幕開け(笑)ですが、なぜかアクシデント続きの旅ほど
思い出に残るんですよね~(^_-)

Commented by azu-azumy at 2016-02-13 17:15
> kotorishuさん
こんにちは~♪
ほんとですね!
今となれば、思い出だらけ~
1年たっても忘れられませんもん~(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-02-13 21:54
こんばんは
メチャメチャ、むかつきますね。最悪です。
このホテルには絶対に行きたくないです。
日記を書く気にならなかったのも、わかりますよ。
とんだお正月になってしまいお疲れさまでした。
Commented by azu-azumy at 2016-02-14 08:16
> tabi-to-ryokouさん
おはようございます♪
ほんと最悪ですよね!
ビックリすることばかりの3日間でしたよ~
ほとほと疲れました!!
by azu-azumy | 2016-02-13 14:53 | バンコクのホテル | Trackback | Comments(4)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31