NEW POST

金曜日の本屋さん 夏とサイダー

日本でたくさん買い物をしてきました。
楽しみにしていた本屋さんでの本探し。
本屋さんに居ると、時間を忘れてしまいます。
でも、本は重いので、買ってきたのはこちらの8冊。


a0114521_17052773.jpeg

待ちきれずに、日本滞在中に読んでしまった本も(笑)



a0114521_17073959.jpeg

【金曜日の本屋さん 夏とサイダー】

『金曜日の本屋さん』シリーズ第2弾です。
昨年の一時帰国中、書店の平台にあった『金曜日の本屋さん』がたまたま目に留まり、そのタイトルに惹かれて購入しました。
その本がとても好みで、今回、第2弾を買ってきました。
(レビューはこちら→ 


辺鄙な駅の中にある本屋さん<金曜堂>
書店員の南槇乃、栖川、オーナーの和久靖幸。
高校の同級生である3人が営む本屋さん。

第1弾でも登場していた三人の同級生である<五十貝迅>
第2弾では彼の秘密が明かされます。

本を読むたび、素敵な言葉、素敵な文章に胸躍ります。
この本でもまた…


読書って不思議だ。どんな本でもその中に必ず、今の自分が必要としている言葉がある。あるいは逆で、人はどんな本からでも、自分に今必要な言葉を見つけられるのかもしれない。

その通りだと思います。
不思議なことに、いつも自分が欲している言葉が本の中にあるのです。
読書の楽しみのひとつでもありますね。


「時間はお薬ってよく言いますもんね」
「時間はちゃんと歩いてこそ、薬になるんだと思います。つらいことがいきなり過去に飛んだからって楽にはなりません」

とても勇気づけられました。
本当にその通りですね。
ちゃんと歩かなくちゃいけないんですよね…
胸の奥深くに響きました。


一冊の本を読む適齢期はきっと人それぞれにあるのだと思います。

世の中にはたくさんの本があります。
一生のうちに出会える本、読むことができる本は限られています。
だからなおさら、自分に適したタイミング、”適齢期”に出会える本は大切にしたいと思います。



[PR]
トラックバックURL : https://azumystyle.exblog.jp/tb/238523489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 01914383i53678 at 2018-05-16 10:42
たくさんの本を仕入れましたね。
どれも気になります。
石田ゆり子さんのエッセイは、だいぶ前に読みました。
確か、2冊目もあったような。

本当に本を読んでいると、時々、ドキッとしたり、グッと来たりする言葉に出会うことがあります。
でも、すぐ忘れちゃうので、書き留めて置くといいのかもしれませんね。
Commented by azu-azumy at 2018-05-16 13:17
*ちいさん
こんにちは♪
読んでみたい本はたくさんあるのですが
持ち帰るには当然限界があり
泣く泣く8冊にしました^^;

石田ゆり子さんのエッセイは読まれたのですね。
小泉今日子さんの一直線な感じも大好きですが、石田ゆり子さんのあの天然さも大好きで、読んでみようと思いました。
楽しみです♡
Commented by yunko_life at 2018-05-16 14:43
これは重かったですね。
重量制限さえなければもっと買えるのに。
つい、瓶ものとかも買ってしまってました。
日本の本はやっぱり買いましたが
案外リゾートとかに持っていくと、ばーっと
読み終わっちゃうんですよね。
金曜日の本屋さん、良さそう。
こんど、本屋さんで(?
手に取ってみますね。

ルミネのカードセールの時なんかに、安くなるので
買いためたものが残ってます。
読まなくちゃ。
Commented by azu-azumy at 2018-05-16 19:02
*yunkoさん
こんにちは♪
持ち帰りたいものは沢山あっても
限界がありますものね~
でも、欲しいものは重いものが多いんですよね(笑)

ルミネのカードセールで安く買えるなんて~
うらやましいです!(^^)!
by azu-azumy | 2018-05-15 19:09 | 読書 | Trackback | Comments(4)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31