NEW POST

2018年6月に読んだ本

6月も終わりですね。
今月は何かとバタバタしているうちに過ぎていきました。
月末ですので、毎月恒例の読書メモを。

6月に読んだ本は 10冊 !
良いペースです。

ラインナップはこちら↓



azumyの本棚 - 2018年06月 (10作品)
光のない海
光のない海
白石一文
読了日:06月24日
評価3

powered by Booklog


☆☆☆☆☆5つをつけたのは2冊。

【きなりの雲】 石田千著

レビューはこちら → 

【エミリの小さな包丁】 森沢明夫著

レビューはこちら → 

☆☆☆☆4つをつけたのは2冊。

【これからの誕生日】 穂高明著

穂高さんの本は初めて。
読んでみたいと思っていた作家さんのひとり。

高校生の千春。
バスの事故で友人、教師が犠牲になる中、たった一人助かった。
罪悪感にさいなまれる千春。
千春を支えたい家族、担任教師。
亡くなった友人たちの家族の千春への思い。
この事故を取材する新聞記者。

苦しい現実。
伝わらない思い。
でも、前に進むしかない。
時間はかかっても…

良い本でした。
他の本も読んでみよう。

【なでし子物語】 伊吹有喜著

レビューはこちら → 

☆☆☆3つをつけたのは

【家族のシナリオ】 小野寺史宜著

高1の想哉の家族は、妹のれみ(中1)と元女優の母。
そして、友さん。
友さんは母の再婚相手であり、二人の元叔父さん。
そう、友さんは二人の実の父の弟。
他人から見ると複雑だけど、4人の中では良い関係だと思っていた
突然母がある人の最期を看取ると宣言するまでは。

母の行動で平和を保っていた家族関係に綻びが生じ始める。
でも、ラストはほっこりです。

小野寺さんの本は『みつばの郵便屋さん』シリーズを3冊読んでいるので、これが4冊目。
この本の主人公たちが暮らす町も”みつば”。
なんだか嬉しい。

【孤独のすすめ ー人生後半の生き方】 五木寛之著

五木寛之さんの本は『人間の覚悟』『下山の思想』に続いて3冊目。
全2冊は夫の本棚から。
この本はそのタイトルに惹かれ、手にした本。
既に30万部を突破しているベストセラー。

2015年に刊行された『嫌老社会を超えて』を再構成、大幅に加筆したうえで、タイトルを変えたそうですが…
『孤独のすすめ』というタイトルと内容がしっくりこなかった。

【猫を拾いに】 川上弘美著

川上弘美さんの本は6冊目。
以前、こちらでも書いたことがありますが、「川上弘美の文章は美しい」
どこかでどなたかが書いていたこの一文がずっと頭の片隅に。
実際に読んでみると、川上さんの文章はとても優しく、心地よい。
お気に入りは『これでよろしくて』

この【猫を拾いに】はちょっと不思議な短編集。
時々、あたまのなかに”?????”の嵐が巻き起こる物語もあるけれど (笑)

【光のない海】 白石一文

白石さんの本は3冊目。
久しぶりに読んだ。
前読んだのが『ほかならぬ人へ』で2011年10月のことだから、実に7年ぶり!

登場人物の過去が皆、過酷すぎて…
なかなか感情移入できない一冊だったが、なぜだか途中放棄する気にはならず。
気が付けば、さらさらと読んでいた。

【むすびや】 穂高明著

『これからの誕生日』が良かったので、こちらも読んでみた。

就職活動をしたものの全敗だった結(ゆい)。
幼いころは女の子のような名前に悩んだこともあった。
不本意ながら、両親が営むおむすびやさんを手伝うことになる。
家業がおむすびやさんであることを嫌っていた結だったが、お店を手伝うようになり、少しずつ成長していく。
連作短編集。

あたりまえにある幸せにはなかなか気づけない。
たくさんの人に支えられていることにもなかなか気づけない。
そのことに少し気持ちが動き始めたら、人は人に優しくなれる。
ほっかほかのおむすびとあったかいお味噌汁が食べたくなる。
そんな一冊。

☆☆2つをつけたのは1冊。

【星間商事株式会社社史編纂室】 三浦しをん著

三浦さんの本は11冊目になるのだが…

”三浦しをんワールド全開”
本の帯にはそう書いてあった。
そうかも~、と思ったのは最初のうちで…
どんどん読みづらくなっていった。
特に、本の中で主人公たちが書く小説(?)がとても読みづらく…
なんとか読み切ったという感じ。


今月は良いペースで読書がすすみました。
7月も素敵な本に出合えますように!



a0114521_937366.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://azumystyle.exblog.jp/tb/238629828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by azu-azumy | 2018-06-30 11:51 | 読書 | Trackback | Comments(0)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31