NEW POST

ビブリオバトル

台風の影響で夫の日本出張は、2泊4日のタイトなスケジュール。
買い物に行く時間も厳しい中、「本屋さんとドラッグストアには行く」というので、新刊2冊をリクエスト。


a0114521_17180540.jpeg

どちらもお気に入りのシリーズ。
『東京すみっこごはん』はシリーズ第4弾。
そして、『書店ガール7』はとうとうシリーズ完結編。
読む前から寂しい…

『書店ガール7』を読み始めてすぐ、とっても興味深いものに出会った!

それが

ビブリオバトル

恥ずかしながら、私、この「ビブリオバトル」を知らなかった。



ビブリオバトル とは、Wikepediaによると

2007に京都大学情報学研究共生システムロン教室の谷口忠大によって考案され、2008年に谷口が立命館大学助教となると、研究室のゆうしによって運営が続けられた。その後、京都大学の総合人間学部や大阪大学など各地に広がっていった。
共生システム論研究室では開始当初よりYouTubeを用いた各発表の公開が行われている。
2010年にビブリオバトル普及委員会が発足。同年より、大学生・大学院生を対象にした”ビブリオバトル首都決戦”が開催されている。


ビブリオバトルは知的書評合戦であり、公式ルールがある。

1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
2.順番に一人5分間で本を紹介する。
3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。


現在は、中学生や高校生のビブリオバトルも開催されいる。

ビブリオバトルの様子はYouTubeにも投稿されているので、さっそく視聴してみた。
面白い!






ここで紹介されなければ読まないわぁ~、という本ばかり!

チャンプ本に選ばれたのは内田百閒の『冥途』だけど、私は準チャンプ本の『大正時代の身の上相談』に一票。
読んでみたい。



[PR]
トラックバックURL : https://azumystyle.exblog.jp/tb/238797022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 01914383i53678 at 2018-10-10 15:01
ビブリオバトル、知らなかった(´ω`)
YouTubeは見ないので、残念!
こういうことがキッカケで、若い方がたくさん本を読んでくれたら、嬉しいですね。
Commented by azu-azumy at 2018-10-12 17:36
*ちいさん
ビブリオバトル、面白いです。
本当に!
これをきっかけに本好きが増えると嬉しいですよね!(^^)!
by azu-azumy | 2018-10-08 18:02 | 読書 | Trackback | Comments(2)

“微笑みの国”での暮らしと大好きな“カービング”や“読書”のことを         


by azumy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31